LOLは深い

LOLのブログ。 もう全部個人的なやつで。

雑記MAX

2015年12月

2016年に向けて


おはようございます。


一切更新してませんでした。



本来ならLOLを死ぬほどできる環境になったのですが、日本のくそ寒い上に空気カラカラの感じに喉をやられて年末年始はPCではなく布団と薬と過ごす羽目になっています。


LOLは疲れるからこっちという友達のすすめに従いHearth Stoneを始めましたが、これがまた楽で面白いのでやっています。


はまると思ったのでやらないでいたのですがやり始めました。

案の定の結果です。



とはいえ年が明けて風邪が完治すれば活動開始するので、来年もよろしくお願いします。

 

Supportで行く場合の正しいCC選び



相変わらず糞ネット生活が続いており、LOLをしないと起こる禁断症状と戦う日々。

スコールで嵐が来るたびに停電する上に速度もうんこなのでどうしようもない。






さて本題。

Suppで行く場合、どんなCC持ちを選んで行くのかっていうあれです。

正しいとか書いてるけど(個人的に)っていうのが入ってる。

自分ならこういう感じにするんすよおってやつです。


CCの種類はSupp以外もPick画面でちゃんと考えろよってなるかもしれませんが、まあそこらへんはごちゃるので一応Supportっていうことで。





1.AOE系

相手にAOE系がいるとき。

わかりやすいのがKennenとかああいう感じの、フィールド展開して近づいてくる感じのやつはJannaとかAlistarでさよならすれば結構被害が軽減される。

Aegisとセットで買うと対策は万全。

ただZhonyas買われると結構タイミングが難しくなる。







2. Channel系

結構色々あるけど、分けるとたぶん二つ。

1つ目はKatとかWWとか飛び込んでくる系。

これは結構止めやすい。誰でも対処できる。


Blitzとかが筆頭でこいつらに対処しやすい。




2つ目はRanged系。

VelとかMFのULTみたいな感じで、ただCCあるよとかいうのじゃ止めにくい。


そういうのが相手にいる場合は射程が長いCCがあると、かなりダメージを落とせる。



MalzのULTとか、射程が特に長くない場合は普通にAliとかLuluを選ぶと、対象指定で簡単お手軽ポンで止めることができる。

まあ動かないし対象指定CCである必要は無いんですが。




逆にVelとかだと射程すごい長いので、NamiとかLeonaのULTがあるとかなり確実に止めれる。

Leonaのは発動も早い。


まあInitiateに使うと意味ないけど、置いといて使うと射程長いし絶対止められる。

ほかの味方が止めるのは期待できないので、射程長いChannel系は自分で対処できるようにするとかなり有効というか、味方もこいつが止めてくれるっていう感じで動いてくれるのでおk.






3.Melee


まあよくあるのがTopのTryndが暴れまくって味方が死んだよっていうのがSilverのころはよくありました。

Rate上がると、そういうことはなくなります。

敵味方どちらも、集団戦での対処が上達して、TryndがSplit pushに重点を置くようになるからです。


Tryndだけじゃなくて、Blink持ってないけど接近したら鬼のように暴れることができるやつ。

Dariusとかそういった徒歩のみMeleeです。

徒歩のみなので殴り合いの性能はぴか一ですが、Kiteがすごく簡単。


こういう相手にどう対処するのかというと基本的にはSlowだと思います。

Leonaで2回StunされるのとNunuにひたすらひっつかれるのを考えると後者の方がうざい気がします。

アイテムでSlow得られるやつを買うのもすごい有効です。

アイテムで得たSlowと、SkillのCCを合わせるとKiteするのはすごく簡単になります。


とはいっても相手も何かしら買ってきますが。






4.1コンマン


とりあえず1コンでADCとか育った人が死んじゃう場合。

この子は私が育てましたっていう自慢のADCが即死すると悲しいですよね。


敵のMidがAnnieだったりVeigarだったりああいうくそったれ系の場合はそこら編考えないとダメージ出すRoleの人はなんにも出来ません。

あとRengar。


じゃあどうするかって言うとMorg選んだり、Zilean選んだりまあそんな感じ。

LuluとかJannaとかでも良いのでとにかく耐久度を増やして置くと少しはマシになります。


アイテムもCC解除できるやつ取ったり、シールド付加出来るやつ取ったり、まあ何らかの形で対処しないと即死しちゃいます。


ADCがMRとか積めばっていうのはまあ置いときます。


まあ何にせよ、敵Midの1コンでADCと一緒にお陀仏しましたっていうのは選ばないほうがやりやすいです。

Poke系だと、不意打ちされると一緒に死んじゃいます。





5.直線突っ込み系

代表的なのがMidのやつとかTopのやつ。

Dianaとか、対象指定で突っ込んでくるタイプ。

そういう相手はMorgのQとかバンバン当たるし、LuluのULTで弾けます。


LuluのULTは特殊というか他にあんまりないので、とりあえず直線型の強いCC持ったやつなら結構な確率でそれを当てることが出来るので良いです。


一時期はスポットライトを浴びていたAkaliちゃんなんかも、まあThreshのQが当たる当たる。

うまけりゃEで弾けるかもねっていう感じの。

まあ出来ませんけどね。

VayneのEとかなら対象指定なのでやりやすいというか可能性はあります。

まあ成功確率は10%くらい。(個人的な確率)


そんな感じで、スキル当てやすい相手にはSkill shotでガッツリ拘束っていうのが有効な気がします。


違う項目かもしれませんが、地点指定で移動出来る系とか、まあとにかく動き早すぎの相手には対象指定のCCの方が超強いと思います。


 





最後に


正直個人的な意見が多いですが、CCの種類とか射程、発動速度とかそこら編の有効度をちょっと考えるとなんか結構いい感じになることは確か。 

インプットとアウトプットしないとLOLでは上手くなれない




まあ正直LOLだけじゃないですけどね。

何かをうまくなりたいっていうなら必要です。


例えば大学生の方で、この記事を読んでる方は何を当たり前なと思うかもしれません。


大学と言えば、とりあえず本というか教科書とか、出版された記事を死ぬほど読んで、それをエッセーだとか、レビューとか、まあ何かしらの形で提出する形を取ると思います。

まあ実習とかはあるかもしれませんが置いといて。


というわけで、大学での勉強と言えばインプット、つまり本を呼んだり、講義を聞いたりして知識を頭にぶち込むことがまず最初に必要ですよね。


とりあえず知らなければいけない事柄を、知識という形で仕入れるという。


その後、宿題というか課題という形で、自分の脳味噌からその知識を自分なりに抽出して、それを形にする、つまりアウトプットをしなければなりません。

まず仕入れて、それをまとまった形として世に送るっていう作業が基本です。


パラ読みした知識っていうのは、10分後にはもう忘れてるかもしれないようなものです。

逆に言えば、パラ読みした知識でも、それをブログの記事なり、他人に話すなり、そういうのことをすると、ちゃんと記憶していないと出来ないことです。

なので人に話すなら何度もその知識を繰り返し反復して覚えておいたりします。


そして再度他人に伝えることによって、それを記憶、もしくは知識として定着させることが出来るわけです。




LOLとか、まあ何でも良いですがそれは必要です。


例えばFakerのLBって最強だよな。自分もLB使うから勉強するためにReplayを見てみようと。

まあ20分から60分程度見ると思います。動画を。


さてその後どうするかっていうのが問題です。


Replay見たり、他人のガイドを参考にするっていうのは上記に照らし合わせるとインプットに分類されます。



大事なのはその後。

寝るのか?外食するのか?風呂はいるのか。


まあそんなのしてると上手くはなりません。

だってインプットってすぐ忘れるもの。


例えば、学校の勉強するにしても、解き方とか公式とか習いますよね。

その後多少練習問題して終わりです。



学校の勉強っていうのはLOLと同じく知識と技術さえあれば結構どうにでもなるものです。

成績いいやつは、多分インプットとして仕入れた公式とか解き方の例とかを、アウトプットとして形にして記憶にとどめます。

例えば練習問題をもうちょっと多めに、個人的にやったり、応用問題を解いたりします。


同じように,LOLでもアウトプットは必要。


例えば動画を見て、Laningでやることをはっきりさせた。集団戦の動きを学んだ。


じゃあその後やらなければいけないのは、実際にプレイしてそれを完全にパクることです。


アウトプットをしなければ、Fakerうまかったわ-

っていう感想で終わり。


ただ実際にやると、やっぱりFakerやばいわ。こうやれば勝てるわ。こうすればボコボコにされないで済むんだな。

っていう感じに、どういうふうにすればいいのかっていうのが大抵わかります。


端的に言うと守破離の守をすぐやれってことです。


実際プロのPlayを真似して、それが有効だとわかると、立ち回りでどうすればいいのかだとか、特定の動きの理由とかがわかります。


それらを体験することによって、知識だけじゃなくて経験して理解し、自分の中で正しいプレイっていうのを確立することが出来ます。


経験と知識は自信につながり、自信があればLaneで勝てます。


まじで自信があるってだけでLOLではプレイが死ぬほど変わりますからね。

根拠がなくとも、自信があるっていうのはとんでもない強さとなります。

まあ糞みたいな自信だと死ぬので意味無いですが、まあ無いよりマシ。









なんにせよ、他人のReplayだとかガイドを読んで知識を身につけてうまくなってる気分に浸ってる方は要るかいないか知りませんが、それはアウトプットしないと5秒後には宇宙の彼方へ吹っ飛んでいます。

なので新しい発見があれば、それは即座に試してみてください。

それが本当に有効であれば、それを一回試すっていうだけで、今後ずっと有用なものになります。





終わり。


Low Eloでよくある特攻(自殺)ってかなり強い

3行記事

特攻自殺すると、大抵は反撃されたりKiteしたりされて死ぬ。

でも対応が下手くそだと逃げるだけで反撃しない。

というわけで、相手があんまりうまくなければ特攻強し。













こんばんは。

明日のAll starsはLiveで見れないので悲しみに包まれています。


さて、今回の特攻自殺ですが、まあよくある一人だけ突っ込んで死んじゃってるよこいつってやつです。


正直、Silverのころはこれが最強の戦術だと思ってました。

死ぬとだめなのですが、死ぬこともよくあります。


なんといってもわかりやすいので、シンプルで強いです。Ipohneみたいな感じです。



例えば、 Akaliをやってた頃は、もうとにかくQでマーク付けてれば2回発動出来るので絶対Trade勝てるっていう理論。

今はもう少し考えますが、Silverではこれが確実に通用しました。

あと1つ例に出すならLeona。

このSupportはもう味方ADCさえ付いてこれるなら、敵ADCつかんだ瞬間Tradeで確実に勝てます。


まあAll inが強いChampなので、得意なことすればOKっていうのは当然ですがね。


とにかく、これらのChampの仕事は突っ込むことなので、Laningではとにかく攻撃的に行くっていうだけで有利が取れます。


Silverだったころの話です。





なんでこれが有効なのかというと、

Rateが低い相手は、All inされた時の対処方法を知らない、もしくは知ってても実行出来ない、しない。

まあTalon vs Luxとかなら、Talonは無理やりE決め込むだけでTrade勝てます。

相手のシールドとか、Qに注意するとかあんまりないです。

Luxは基本逃げるだけなので。


といってもSilver1と5じゃだいぶ差があるので、全部同じとは言えませんが、まあそんな感じ。



実際、Silverのくせにごちゃごちゃ言ってんじゃねえよって言われてるときは、Matchingされる味方がよく言ってました。

対面Akaliだわ。終わったわ。超苦手だわ。無理だわー。

とか。

はたまたADCが、対面Leonaなのになんでお前はそんな弱いChamp(Alistar)なんだ?

とか。


こういうのがめっちゃクチャ多いです。


まあなんで苦手かっていうと対処方法知らないからですよね。


正直自分もBronze1からSilver上がれないよぉってころはLeona来ると絶対勝てる気しませんでした。

とりあえずE当たったら死ぬと思ってたので、ZoningされまくりAll inされまくりのポンコツでした。




まあそんなわけで、All inが強いタイプ、特攻自殺になっちゃいがちなChampはもうとにかく突っ込むだけで有利が取れます。

Rateが低ければもうイノシシでも勝てるようなChampとプレイで勝てます。


とりあえずLaneでは有利をとれるようになるので、強いと思います。




ただ、Silver5とかBなら上記が丸ごと当てはまりますが、Rateが上がると多少対処出来るやつが増えてきます。

上がるごとに対処が上手になってきて、最終的には通用しなくなります。


でもRateが上がると自分も自然にうまくなります。

なんてたって相手もうまくなるので。


正直これは良いことですよね。

適当な特攻だとやばいってことがわかれば、やっぱりAll inのタイミングとか、コンボの入れ方だとか、そういったセオリー的なもんをどんどん身に着けて、洗練された特攻をするようになります。


これは未だにやってることです。

学ばないと自殺になりますしね。


もう1つ良いことがあります。

それはまあAll inが上手くなるとか、Champへの習熟だとかいろいろありますが、やっぱりLaningの基本がわかるってことです。


同じように対面がどういう風な相手ならきついとか、どういうプレイをすれば勝てるとかもわかってくるので、やっぱり最初は特攻しまくって経験値稼いだほうが良いと思います。


ジリ貧で、そんなにFeedしないけども負けてるとか、勝ってるからほどほどに有利を保つ動きをしようとか。

そんなのやってると上手くならないと思います。

なんてたって新しい発見がありませんからね。


AR積んでない相手だから、lvl2でAll inしたら思ったよりも柔らかくて殺せたとか、そんなのは実際やってみないとあんまりわかりません。

逆にTanky ChampなのにADばっか積んでるからBurstで瞬殺できるかと思ったらやっぱり硬くて無理でしたとか。


そんな感じで新しい発見というか、そういう経験から得た知識をプレイに組み込んでいくことで、徐々に上手くなっていくんじゃないかなっていう。


というわけで、もし基地外のように攻撃的なプレイをするSupportがいたとしても、それは許してください。


終わり。





 

「便乗」Blue Buffは一体誰のものなのか



はい。

何がとは言いませんが、Blue buffに関して色々あるようですね。

荒れてるとか聞いても、ぶっちゃけ他人のブログのコメントとか見ても全然面白くないのでパラ見ですが、まあそういうことで。





まあ自分の考えを言うとすれば、Blue Buffは俺のもんだっていう話ですよね。

どういうことかというと、自分がJunglerやるなら、BlueってNeutral Monsterじゃね?だから自分が取りますって感じ。

Mid行くときは、お前メタに従えよっていうノリで自分がもらいます。

というわけで全部自分のものっていう。


まあBlueは俺のとか言ってもやはり、たまにすごい勝ちたい!と突発的に思うときとかは最善と思う選択をしますけどね。


究極的にはSmiteがあるので、Junglerが主導権を握る形になります。






まあなんだかんだ言いつつも、屁理屈こねて結局Blueもらっちゃうスタイルっていうのが自分がSoloでやるときです。


最善ではないです。


どういうBlue活用法が正しいというか最善なのかはいろいろあります。




1.Poke&Wave clear

Junglerの方がPoke能力に長けてて、集団戦前にPoke出来たり、PushされてるときにMinion速攻処理できる場合とかはJunglerが持ってる方が有効活用出来る。

Push能力ゴミChamp選びつつLaneぼろ負けしつつタワー割られまくってBlueをそれでも欲しがるのは、YorickをRemakeして!っていうくらい無理な話。



2.Scaling

全国のFarm系Junglerが喜びそうな状態、Farmしてるだけで勝てる場合とかの話。

後半Scaleする系のJungler選んでて、Lane勝ちまくってるしBlue持ってFarmするぜ!とか言われても清々しいしなんかそれで良いかっていう気分になる。




3.MidのMana regアイテム

例えばMidが火力RushでMana reg全然積んでない場合とか、もうそれはBlueもらえる前提でやってるので、Blueもらえないと死ぬ。




4.上手さ下手さ

どっちかが壊滅的に下手くそならそいつは大人しく譲ろう。

ただ下手くそに限ってBlue欲しがるって言う事実。


じゃあJungleでもMidでも取るこの記事書いてるやつは雑魚じゃなくてなんや?と言われるともう解散。





5.育ち具合

まあJunglerが育ってて、MidがBlueくれよ!って言った場合。

雑魚は黙ってろと言い返されると、自分は育ってないので正直納得するしかない。

上手いやつに、てめーはBlueもらえないけど俺様がスーパーCarryしてやるよ、と言われるとまあ自然の摂理かと思ってタワー下で土下座する。



まあ他にもChamp自体のBlue依存とか、いろいろあるんですが長くなりすぎるとアレなのでここらへんで。












最後に、ごちゃごちゃ言っても、Duoでもない限り譲り合いの精神というものが存在しなSRでは衝突は起きます。


その時、全てを解決する方法を2つだけパパッと紹介します。



1.神理論


まあ要するに神様っていうのは存在しませんよね。


ただLOLの世界には存在します。

Fakerです。

神と言えば、それはつまりこの世の理。


FakerがMid行って、Blueもらって当然だぜって顔してたらそれはもうつまりそういうこと。

BlueはMidのものです。



Junglerが何らかの事故でBlue取っちゃって、Fakerが驚いた顔や不満げな顔をしてたらそういうこと。

Junglerは神への捧げものを横取りした神罰対象者になるわけです。



LOLで法律に最も近いと言っても過言ではないメタですが、そのメタがBlueはMidのもの、ってなってるということはもうMidのものです。

Fakerに逆らえるLOLプレイヤーはいますか?いませんよね。



神に従え。

はい論破。


この理論で行けばJunglerは大人しく、Midの小間使いとして働くでしょう。




2. お前んちの庭でかいな理論


要するに敵JungleからBlueをもらってくるというみんな幸せ最強戦術。

ただし唯一の欠点として、失敗すると状況が悪化する。





まあ面倒くさい場合は全部自分で取れば良いと思います。
 

今何位?

Challengerになる頃には1位


人気ブログランキング
Twitter プロフィール
最新コメント
記事検索
カテゴリー
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ