LOLは深い

LOLのブログ。メタとか上達方とか個人的な奴とか。

2016年09月

Worldsチーム予想



Group A

ROX Tigers

G2 Esports

Counter Logic Gaming

Albus NoX Luna




ROX Tigers

Roxと言えばLCK Summer Splitを15勝3敗で1位、Playoffsも決勝ではvsKTを3-2で勝ち優勝と言った感じでまあ韓国最強チーム。

http://www.lolesports.com/en_US/featured/top2016

ここを見ればわかるように世界最強のTop,Jungler, Support、そして世界3位のADC、あとはなんか良い感じのMidのチーム。

TopのSmebに至っては世界一のTopとかじゃなくて世界一のプレイヤー。強い。

TopとJGはめちゃんこ強くてCarryするし、Botも世界レベルのDuo、Midはまあ仕事する。

Topに重点を置いたチームで、JunglerがTopを支えつつ、ADCもUtility系ADCを使って上手いこと戦いに勝つ。

優勝候補その1.

Group Aを難なく通過することはほぼ間違いない。というかEDGとSKT以外に負けることはなさそう。

もしもGroupA通過出来なかったらパプアニューギニアで就職する。



G2 Esports

G2はEU LCSの優勝チーム、Splyceを3-1で難なく下している。

Bot Duoは上記のTop20にも入っているレベルで強くJGはそのBotよりも高いランクに配置されている。MIDのPerkZもふざけたプレイをやめたのでEU期待の星。

チームとしてはその攻撃性で知られているが、たまにやり過ぎちゃうのがやばいところ。

MSIでやらかしたのでWorldsでどうなるのか気になるところ。

Roxに対して勝つのは難しいかもしれないが、Group Aを通過する可能性は高い。




SoloQプレイヤーが集まった即席チーム




Counter Logic Gaming

CLGと言えばNAでの超有名チーム。

NA LCSではSplit, Playoffs共に4位ではあるものの、ルール規定によりWorlds出場権を得たチーム。

MSIでは予想外の好成績を残し2位を獲得したものの、今の状況を考えるとGroup A通過は怪しいところ。

NA vs EUのライバル対決を制することができればGroup A通過が可能かもしれない…。

とはいえMSIでの好調を発揮することが出来ればG2を下してGroup Aを2位通過することが出来るかもしれない。





Albus NoX Luna

Wildcard QualifiersのWorlds記念参加組。

FakerがOlaf mid使っても勝てる。


ロシア>4大League

あまりにも最強過ぎてどこもスクリムしてくれない。




Group B

SK Telecom T1

Cloud9 

Flash Wolves

IMay




SK Telecom T1

SKTと言えば今期のLCKではいまいちWorlds championの風格を出し切れなかったチーム。

Splitでは2位で、Playoffsでは何かの事故で3位。

しかもSKTに勝ったKTはなぜかSamsungに負けてWorldsには居ないっていう謎の状況。

とはいえ優勝候補ではあるし、Group Bでは誰にも傷をつけられることがない最強チームであることは確か。

チームとしてはCarryが多すぎるとか、まとまってないとか、今一つFaker GODの世話が焼ききれてないとかいろいろあるけども、それでも強い。

まあ負けた場合はFakerじゃなくてJGのせいだからFakerは強い。




Cloud9 

LCS Splitでは3位、Playoffsでは2位、そしてRegional QualifiersでIMTを3-1で下してWorlds出場を決めたC9.

チームの頭脳であるHaiやBalls、Benchfufuが抜けたことにより大きく変わったチームだけども、なんか良い感じにまとまっている。

中でも一番人気のImpactは元SKTのWorlds優勝者ということもあってNA Best Topと名高い。

評価的には唯一SKTに一生出来るかもしれないチームで、Group B2位通過するんじゃないかなって。

C9は現在とても好調なチームで、パフォーマンスも安定している。チームもまとまっているし、ImpactとJensenはSolo lanerとしてはかなり優秀で強いし、Carryする能力がある。特にImpact。

Botは集団戦になれば強い。

というわけで2位通過予想。



Flash Wolves

AHQより弱いんじゃね?と言われているものの、PlayoffsではvsAHQ3-2で勝利、決勝ではJ TEAMとかいうよくわからんチームを3-0で凹して優勝している。

JunglerのKarsaがLMSの中では唯一Top20にランクされていて、活躍が期待される。

3位予想ではあるものの、MapleのCarry力と、Karsaの抜身のナイフみたいなプレイがあればC9を刺せるかもしれない。

ただどうしてもMMDがImpactに勝てる気がしない。





IMay

よくわからないけどあんまり強くなさそうな新しいLPLチーム。

というわけで4位予想。






Group C

Edward Gaming

ahq e-Sports Club

H2k-Gaming

INTZ e-Sports
 



Edward Gaming

EDGは中国のRox的な奴。

世界最強のADC Deftを含んだTop20に入るプレイヤーが3人もいる。

ぶっちゃけLPLでは断トツというかもう本当に最強っていう言葉がふさわしい。

Splitでは16-0の無敗、当然1位。

Playoffsでも決勝でRNGを3-0でボコボコにして無敗優勝。

Roxと同じく地域Leagueでは優勝、個人レベルでも非常にレベルが高い、チームとしてもまとまってるし、絶好調。

SKT最強伝説に終止符が打たれるのは悲しいけども、決勝はEDG vs Roxになるのではっていう予想。

Roxに次ぐ優勝候補で、Group C1位通過は確定と言っても過言ではない。

EDGがGroup敗退したらこのブログの名前を姫が書くちんぶー日記にする。




ahq e-Sports Club

LMSでは3位だったものの、Regional Qualifiersで勝利しWorlds出場。

AHQと言えばFizzの化け物Westdoorがいるチーム。

ただ現在Westdoorは錆び付きまくっててぱっとしないのでやばそう、とか言われているがさすがにWorldsに来ると決まったからにはFakerを凹したあのFizzみたいな感じで調子を整えてWorldsに臨むに違いない。

H2Kが序盤の試合展開に成功すればやばい可能性もあるものの、Ahqのほうが総合力で勝てる気がする。





H2k-Gaming


Fakerに辱めを受けたといっても過言ではないほどボコボコにされたRyuがFakerをボコったWestdoorに勝てるわけがない。

Ryuは置いといても、アクセントが強すぎて何言ってるのかよくわからないで噂のFORG1VENが強いものの、Ahqに勝てるのかと言われるとWestdoorの不調が続かない限り厳しそう。





INTZ e-Sports

WQ枠。4位。




Group D

Team SoloMid

Samsung 

Royal Never Give Up

Splyce



Team SoloMid

TSMって今超強い気がする。

Splitは17-1で1位、Playoffsでも3-1でC9をボコボコにして1位。

最初らへんはまじでどうなってんだ?って言われるくらいのプレイをかましていたJGは替え玉かと思えるくらい豹変したし、まったく機能してなかったEUのサポートはルーキーに変わった。

今ピークじゃね?ってくらいTSMが強い。

Top20のBjergとDoubleliftがうまく機能しているっていうのもある。

YellowstarがShot callerとして入った時は、TSMでは通用しなかったが、Bjergが大きなCall、DLがタワーを瞬時に割る判断だとかそういった細かいCallをするようになってそれがうまくハマってる。

なおかつチームのリソースをBotに充てるという選択肢でも、Bjergが上手く機能する事が判明して、前と同じくらいのパフォーマンスをリソースなしでたたき出すBjergと、チームからのサポートを得て力を発揮するDoubleliftという組み合わせで強い。

BiofrostはDoubleliftやチームからのサポートで上手く上達して、知名度実力ともにアゲアゲ。


とりあえずDoubleliftがWorldsで良い結果を残してCLGにどや顔してるのが見たい。

Biofrostが緊張だとかTiltとかで調子崩さない限りは安定してGroup D通過できそう。




Samsung 

SamsungはKTに勝った、KTはSKTに勝った、つまりSamsungは超強い。

っていうのは冗談で、Samsungと言えばそこそこ熟したチームなので、安定してる。

ただ安定してるという意味では現在のTSMも同じで、なおかつTSMのほうが高いレベルでプレイしているような印象。

RNGよりも上なのは、やはりRNGはUziの存在もあって非常に不安定っていう所があるので、2位通過するならSamsungじゃないかなっていうあれ。





Royal Never Give Up

RNGは個人レベルではかなり強いけども、最近不調でなおかつチームとしても上手くいっていない。

もしもポテンシャルを発揮できればGroup Dを1位で通過するっていうのも普通にあり得る。





Splyce

Group DではWQ枠のような存在になってしまうSplyce。




おわり



 

[LOL Wolrds] プレイヤーランキング ラスト



11位


RNGのADC, Uzi

中国の皇帝メタで最も輝いたADCと言えばUzi。

UziはFakerのようにチームのサポートを必用とするADC。放っておいたら勝手に育ってCarryするタイプでは無い。

しかし、チームがきちんと彼のアシストをすることによってUziはとんでもないパフォーマンスをたたき出す。

今LPLで、というか世界中でも最強のADCと言えばDeftということになってますが、UziはDeftよりもKillを取り、なおかつDeftより死なない。

一時期は誰もが認める世界最強ADCだった事もあり、MechanicsにおいてUziに並ぶADCは居ないのでは無いかなとか。


ただMechanicsには文句つけようがないものの、他に色々と問題がある。

一番大きいのはチームへの負担。

Uziが育てば一人でCarry出来るが、育てなければぱっとしない。

例えばCampされると腐るし、Utility系ADCでも前にガンガン出るので守らないと死ぬ、Couter pickされると腐る、みたいな。

JunglerがBotにかかりきりになるので本来Carryすることができるプレイヤーなのにも関わらず、TopとMidは動きにくいという事になる。

というわけで評価が若干低め。

ただ、もしも皇帝メタがまだWorldsで通用するようなら、思いもよらない好成績を残す事になるかもしれない。




12位


EDGのSupp, Meiko

世界最強ADCのサポートを務めるMeiko。

特徴としては、堅実で賢いプレイを好むClearloveとは少し違って、超アグレッシブなプレイヤー。

視界を取ってからEngageの指示を出すのは主にMeiko。

ただ攻撃的過ぎて無謀なプレイもちょっと多いけど。

とはいえそこはPeanutと同じで、攻撃的なプレイが多い中でも成果を上げ続けているっていうのがある。
ただ無謀なだけではなくて、やはりある程度リターンが得られるプレイをしている。


とはいえそれだけだと普通の上手いサポート。有利取れてたらそれを生かして広げていくみたいな。

Meikoのすごい点と言えば、互角、というかむしろ若干負けててもFlash自殺Initiateとかなんだとかで機会を作り、有利を拾えるところ。

またMeikoのプレイスタイルがチームに非常に合っていてうまくいってるっていうのも評価につながってる。


13位



RNGのTop, Looper


端的に言うとTop版Bjergsen。

チームのリソースをすべてUziに奪われた悲しみのTopだが、一人でなんでもこなせる。

JGとかから無視されても、それで成果を上げることができるプレイヤー。

Champの幅も広いしMechanicsにも優れている。

1v1も強く、Gankも刺さり辛い。

活用できるリソースが少ない状況において成果を上げることが上手な低燃費。

ただ低燃費だとか書きつつも、パフォーマンスはすごいからすごい。

もしもチームからアシストが得られてCarry roleをするようになった場合はもうちょっとランキング上位にいるかもしれなかったプレイヤー。




14位


G2 jg Trick。

2回もMVPを取ったすごいプレイヤー、だって韓国人だもの。


Mechanicsにも優れていてマクロプレイも上手な良い感じのJG。

ただMSIで下手こいたせいで評価が低い。






15位

RNGのSupport, Mata。

2014WorldsでMVPを取った。

それなのに何で15位なのかというと、プレイが不安定。

ポテンシャルとしてはTop10に悠々と入っていてもおかしくないが、なんかぱっとしない時がある。

力を発揮したときはもちろん世界レベルのプレイヤーなのだが…。

まあそれでも15位に入れるのだからすごい。





18位

DOUBLELIFT




元からあったすごいMechanicsと、細かいShot callを合わせて他のADCよりもちょっと上に出てきた。

Bjergが居なければMVP取れてた。

レーンでも強いからCS勝てるし、集団戦も上手いのでCarry出来る典型的な上手いADCっていう感じ。

ただ18位なのは、やはりNAがアジアに通用するかわからないからとりあえずここら辺においとこっていうノリ。


 

色々省いたけど終わり。 

[LOL Worlds] プレイヤーランキング その2


はい。

続き。

続編の要望があるとは思ってなかったので1位から紹介しちゃったんですが、時すでに遅し。


6位

 
SKT Bang

SKTのぽっちゃりBotレーンのADCです。

何で6位なのか、というとチームが悪い。Junglerが悪い。

SKTはEDGみたいにADCを中心としたJunglerが上手いチーム、みたいな感じで上手く行ってるチームじゃないので個人が上手くてもそれだけで世界を駆け抜ける!みたいなことが出来ません。

Bang個人だけで言えばダメージ出す量はもう韓国では断トツのNo1、Fakerよりも上。

ちょっと前、いつだったか忘れたけどもFakerとかチーム自体の調子が悪くてぱっとしなかったときがあったけども、その時もBangはADCとして流石韓国最強チームのADCだ!!って言えるプレイをしてきた。

そんな感じでまあBangはめちゃくちゃ安定してる。継続的に高いレベルのプレイをし続けることが出
来る。

一番の強みとしては集団戦が始まってからの鬼のような強さ。

恐らく後半、集団戦が重要になってくる時間帯以降ではBang以上のADCは居ない。

ダメージを出せるということはつまり集団戦がとてつもなく上手いという事。

ダメージ出すには死ぬとダメだしポジが甘いと殴れない。

死なずにDPSを出し続ける、というADCの仕事を一番高いレベルで出来るのはBang。

レーニングに関しては、Meiko&Deftほどとは言わないものの、Wolf&BangもDuoとしては決して悪くない。

かなり長い間Duoを組んでいて経験は十分だし、パフォーマンスもコンスタントに出し続けて安定している。

ただ、Deft&Meikoみたいに今ノリに乗ってノリノリみたいな、今人生で最高の幸せ!!みたいな、絶頂期とかそういうのでは無いだけ。

普通にほかのADCよりも断然強い。だって世界ランク6位でADCだと2位だもん。

というかそもそも別にレーンで勝たなくても良い、負けなければ。

だってレーニングで互角のまま行けば集団戦で育つので。

集団戦で基地外みたいな動きで敵をなぎ倒していくLucianは誰もが知ってると思うけども、Ezrealもやばい。

上記2Champはプレイ技術次第では化けるChampなので、性能をぎりぎりまで活かすことが出来るBangは強い。

特にEzとかは今回のWorlds patchで来そうなので、活躍が期待できる。

Fakerがサポート系Midをやると大抵勝つのには理由があるのかもしれない。

とにかく弱点が特に無い。チームとして何かいまいちまとまってないというか迷走中なだけで、FakerとBangは最強。




7位


Rox Gorilla

またかよって思う人もいるでしょう。

はい。

またRox。

Topは1位、Junglerは5位、そしてSupportが7位。

Top10に3人入ってるからそりゃLCKでも優勝するわっていうやつ。

サポートとしては7位が最高なので、実質ここでは世界一のサポート。

強みとしてはチームの頭脳的なやつなのでやはりマクロプレイが非常に上手。

派手さは無いものの、なんというか居ると何か安心する縁の下の力持ち的な感じ。

例えば視界のコントロール。

Peanutがガンガン入っていくのもあるけども、やはり何か起こりそうなところであらかじめ視界を確保しておくというサポート至高の仕事をきちんとやってる。

集団戦を起こす際もあらかじめ下準備がされており、いつどこでEngageすれば有利が取れるのか、そこらへんしっかりしてるので信頼度が高い。

大きいのはやはりSmebとか、まあ超絶Carryを上手くサポート出来ているという事。Carryの中でも、もう一人で全部できちゃう系のBjergとか、上手くアシストされるとすごいパフォーマンスをたたき出すFaker系とかいろいろいる。

後者のCarryタイプばかりを集めると今のSKTみたいになるけど、その中にGorillaみたいなプレイヤーを入れるとCarry陣が輝く。

そういった意味でサポートタイプのプレイヤーとCarryタイプのプレイヤーを上手くかみ合わせてるので、Roxはめちゃくちゃ強いし、Gorillaの評価も高い。



8位


TSMのMid Bjergsen。

みんな大好きTSMのスーパースターその1。

その2はRanking 18位で出てくる。

Bjergsenが所属するTSMは今回LCSでの優勝チームで、なおかつBjergsen自身はMVPを獲得。

なんかSmebと似てる。


というわけでBjergsenと言えばEUからやってきたNA Fakerとまで呼ばれるプレイヤー。

Gorillaの所では一人で完結してるCarryと紹介しましたが、その通り。

Doubleliftが入ってくるまでは、TSMと言えばBjergを中心に据えたチームでした。

しかし、DLが入ってきてからは中心が彼に移行。Bjergsenはチームのサポートを前よりももらいにくくなったと言えます。

が、なんとBjergは最強だったので、チームからのアシストが減ってもパフォーマンスはぶっちゃけ変わらない。すごい。

アサシンでも、サポート系Mageでも、コントロールMageでもオールオッケー。

何でも使えるし、特にJGとかの助けも要らない。

それでも味方を助けに行ける。

強い。

一人で完結してると書いたものの、チームメンバーとしても非常に優秀。

細かいShot callはDLが担当しているものの、マクロなCallはBjergが担当しているので、二人合わせてチームを導くことが出来る。

一人で何でもやれるBjergと、一人にさせない限り自殺しないDLを合わせてチームが一丸となって動けるので強い。

MechanicsだけのMidが多い中、Bjergは状況判断やShto callが出来るため評価が高い。

ただ今のところ中国韓国に比べるとぱっとしないのでTop5とかには入れない。

西洋チームの中では現在最強プレイヤーなので、Worldsでアジア勢力に通用するのかどうかは見物。








9位





分かってる。

またRox。

Rox tigers Pray, ADC.

なんとMid以外がすべてTop10入りっていうこのチーム。

Worlds優勝おめでとう!!



さて、Prayと言えばUtility系ADCで有名。

AsheとかSivirとか。Jhinもかな。

ULTでの華麗なEngageとかね。

アイテム数個持った状態でMapを駆け巡り、いけそうなときにULTでドーン。

集団戦で勝つ、みたいな。

Mapを動き回って最強CarryのTop&Jungler Duoに仕事させるのが上手。

もちろんADCに必要なレーンとか集団戦での上手さも兼ね備えてるけども。


ただ、優勝候補No1チームRoxのADCなのに9位っていうのはある。

書いたかどうか忘れたけどもやっぱりRoxと言えばSmeb&PeanutによるTop側からの勝利。

なのでBot側はどうしてもこの二人のサポートというか、アシストに回りがちだし、JGもあんまり助けてくれない。

Gorillaはサポートなのでそういう役割でも問題ないし、そういう仕事を高いレベルでやってるので評価が非常に高い。

ただ、ADCとしてはやはり重要視されるのはDeftやBangのようなCarry力。

Utility系で上手く合わせているとはいえ、やはりRankingで上に行くためにはCarry力が必須。

とはいえ、チームにCarryが5人いても困るので、ADCでもUtility系をプレイしてチームに合わせるっていうのは強いし必要なので、Prayのランキング順位が低くても、チームは最強なんだなこれが。

しかもUtility系が強いMetaなのでRoxはさらに強くなるっていう。

もしもPray中心にチームが組まれていたらランキングTop5に入ってる可能性は普通にある。





10位


というわけで最後、10位はSKT DUKE。

Roxに負けず劣らず、SKTも選手を3人Top10にぶち込んできました。

Dukeと言えば入るチームを間違えた、とても上手いプレイヤーというのが総評。

レーンでは1v1で強いので普通にSolo kill出来る。1v1ならSmebにも劣らないし、戦える。

集団戦での活躍も目覚ましい。

ただ、ただ。

SKTにCarryはもう二人もいるんだよっていう。

Bangは置いておくにしても、Fakerは何とも言ってもJunglerのアシストが欲しい。

チームのアシスト担当がTopに構ってる暇はないし、実際Topは一人で頑張ろうっていうノリ。

そう、SKTに必要なのはTopでMaokaiとかMalphiteやって楽しいしつよーいとか、そんな感じのやつ。

決してDukeが弱いわけじゃない。というかむしろめっちゃ強い。

ただSKTが欲しいのはTopで放置されてても僕頑張る、っていう感じのやつで、なおかつBotとかにTPして助けに行けるやつが最高っていう。

1v1でSolo killして集団戦でダメージも出してKillもしまくってCarry出来る!っていうのは確かに強いけども、時代が追い付いていないというか、何とも言えない。

個人で、という話ならランキングでもTop3に入っているかもしれないが、そういう事。









とりあえずEDG, ROX, TSMはなんかチームとしてはまとまってて今ノリに乗ってる。

それに比べてSKTがなんかバラバラというか今いちどうするか決まり切ってない気がする。

それでも強いけど。

ただSKTはWorldsになると唐突に最強に返り咲くチームなので楽しみ。
 

終わり。

 

RiotによるWorlds出場プレイヤーランキング


はい。

https://www.youtube.com/watch?v=VqnyLafkadc

このシリーズ。


1位

もったいぶることをしない1位からの紹介。

  

LCKの優勝チーム、Rox TigersのTop laner, Smeb。

MVPももらってるし最強。

とある韓国の最強Mid lanerを抑えての2位。


有利を積み重ねるのも上手いし、その有利を活かしていくとなっても上手い。

Mechanicsが素晴らしいのはもちろん、いつ攻めて、いつ守って、いつJGを呼ぶかっていう判断がすごい。

状況判断とダメージ計算がとんでもない。

勝てる時に戦って負ける時には戦うなっていうのはとてつもなく難しいけど、それをかなり洗練された高いレベルで、なおかつ継続的に出来るプレイヤー。

Mechanicsに全てを賭けて攻撃的にプレイするだけで結局しゃぶられるHuniとは違うぜ(Deficio談)。

万年2位の地位を脱却したっていう自信と地位も含めてWorldsでの活躍濃厚。








2位



知らないやつは確実にモグリ。

問答無用のスタープレイヤーでありつつ、世界最強のMidとして選ばれた, Faker。

誰もが知っている最強Mid lanerのFakerですが、最近はJGが助けてくれないっていうのが弱点となり2位。

Fakerは最強過ぎるので戦わないということを知らない。

レーンだと常に殴り合いしたい派なので、JGが助けてくれないと2v1でしゃぶられる。というわけでBlankが悪い。

有利を得るともう勝ちじゃね?っていうくらいのパフォーマンスを見せるものの、遅れを取るとちょっと動けなくなっちゃうのも難点。

Mechanicsは言うまでもなく、レーンコントロールが神がかり的なので、有利さえ取れれば何でも出来るっていう噂。

今最も優秀なJunglerを求める男、Faker、このランキング2位は間違っていると証明することが出来るのか。


最近Rank1に到達したDopaはFakerを落ち目とか言っているが、神に逆らった罪で1000年BAN。





3位



3位はADCプレイする人なら大抵知ってるDeft。

LPLでぶっちぎりの1位を獲得したEDGのADC。

試合に負けて泣いてる姿を見たくない、Rekklesと仲が良いとかいろいろありますが、とにかく上手い。


まずプレイの幅が非常に広い。

レーンで強いADC使うと当然のように有利を取れる、スーパーキャリーでもレーンを無難にこなし後半がっつり、Utility系ADCでも十分以上に仕事をする。

レーンでビビりすぎっていう評判があったものの、Meikoと出会ってからは抜群の相性と学習からレーニングがすごい改善された。そして元から問題がなかった集団戦を合わせると隙がない。

今現在Botにおける2v2ではDeft&Meikoはぶっちゃけ最強なので、敵はJGでも呼ばないと勝てない。

それくらい今のDeftは絶好調、というかキャリア上で最もパフォーマンスを発揮している時期。

ピークを迎えているっていうのもあるけど、Mechanics、中でもスキル回避がとんでもなく上手いっていう事が挙げられている。

捕まらないADCは最強。そういう事。ADC1位になってるのも納得。


また、EDGもDeftが最強ADCだと知っているので、まあそういう感じにやってる。

なのでチームとしてもそこらへんはっきりしてて強い。

Carryが多すぎて困ってるSKTとはちょっと違う。 




4位




4位に来てやっと韓国人以外が登場しました。

Deftと同じEDGに所属するJungler, Clearlove。

Riot的には世界最強の中国人ってことじゃないですか。


Clearloveが4位の理由としては、Junglerとして求められることをすべてこなすから。

強いて上げるとすればMechanics的にはそんなに驚異的ではないこと。

C9から最近去ったLee sinとかとはちょっと違う。


ただ、Mechanicsが劣っているとかそういうのではない。

他の技術がすごすぎて霞むのもあるし、あと別に必要無いだけ。

Gankの際のルートや視界コントロールが上手なので普通にGankも決まる。

マクロのプレイでも最高峰レベル。

まず相手のJunglerへの読みがすごいので、Counter gankが非常に得意。

なのにもかかわらず相手からはすっごいわかりにくいらしく、読まれることが全然ない。

常に敵JGよりも一歩先にいるっていうなんかもうすごい感じ。

また非常に安定している。

リスクが多い攻撃的過ぎるプレイは絶対にしないが、確実にとれる有利をもぎ取っていく。

ただし完璧すぎるので、回避出来るだろ笑っていう糞みたいなGankを味方が受けていると、助けに行かない。


なぜこれで4位なのかというと、Hecをプレイするとあまりにも酷いから、という話もある。




5位



世界最強プレイヤー(Riot調べ)を抱えるRoxのJungler。

Peanut。

4位のClearloveとは打って変わって、といったJungler。

強みと言えばなんといっても序盤のプレッシャー。

CarryタイプのJGらしく、InvadeやGankでのプレッシャーのかけ方がえげつない。

序盤PeanutよりもプレッシャーかけられるJGはほかにいないのではと言われるほど。


攻撃的でリスクの高いプレイもガンガンやるので、死ぬこともあるけども育ったときはその有利をSnowballさせていく能力が高いので敵は死ぬ。

ただリスクが高いプレイをするにしても、成功率が非常に高い。

Mechanicsや状況判断がすごいので、リスクを取っても割に合う、といったプレイを継続的に出していける。


視界のコントロールも上手い。

ただ上手いといっても一般的な、Wardいっぱいさして、あ、敵のJungler見えたぁ~とかそういうのじゃなくて、赤Smite持って敵のJG殺す。

LPL2位のRNG Mlxgの上位互換とまで言われる。


ただし本番に弱いので決勝とかでぱっとしなくなる。




20位まであるけどこれで完。

10位まで書いてとかそういうのがあれば書きます。


お・わ・り♡


 

VSスクリプター



はい。

スクリプターって本当にいるんですねって今日初めて思いました。

スクリプトとかHigh eloにしか生息しないだろ~とかそういう認識だったんですが、たまたまなのか、Season終わりが近づいてきているせいなのか、出会いますね。

またこんな記事を書くとお前がスクリプターだろ死ねカスゴミだとか言われるかもしれませんがまあ置いといて。

実際プレイしてるところを観戦してくれた人にはわかると思います。

もしも使っているとすればシルバー5シミュレータースクリプトとかだなこいつって思うでしょう。

Dynamic Qを濫用しまくってんだろ?と言われるとハイとしか言いませんが。


最近はクリック数で判別されて?BANされてるみたいですが、そういうのを対策してクリック数をごまかすやつが出てきたり、より人間らしく動くように設定してるプロスクリプターがいるので判断が難しかったりします。




というわけで本題。

スクリプトの醍醐味といえば異常なスキルの的中率と回避。



こんなん。


やっぱり人間らしく無い動きというかスキル関連はわかりやすい。あとは理由の無い謎の動き。


スキルを避けるのが変だとあやしい。

完全に人間に擬態してるスクリプトはぶっちゃけFakerのSmurfが日本サーバーに遊びに来てるのか、スクリプトなのかどうか判別しづらいけども。

人間の性能超えてる回避方法は確実にスクリプト。

例えばカメラ外や視界外からの弾速早いスキルを回避したり、みたいな。

Input bufferingの可能性もあるけど、AlistarのWQコンボをVayneがEで跳ね返したり、

カクカク動きもやばい。カクカクになるやつは1つのスキル回避するために前に出て死にに来たり、ほかのスキルに当たっちゃう。

CSリーグで稀に見れるなんかミニオン居ないのにミニオンに詰まったような動き。

後はスキル打った瞬間に回避の動きをする。しかも最小限で。

当たらないスキルは回避しない。

人間ならスキルをある程度余裕をもって回避する、つまりギリギリ1ミリで回避するっていう事があまりないのでわかりやすい。

後はBlink, Dash持ってるやつなら特定のスキルが全然当たらないとか。

特に遅いけど当たるとでかいやつとかは俺の反応速度はすごいぞ、で言い訳出来るのでEzとかにはやばいスキルは当たらない。

とはいえ擬態プロスクリプターだとMorgのWは当たっても良いやとか、そういうの設定してるのでおそらくカクカク動くことは無いし、大きく回避するようにしてあるのでわかりにくい。





スキルを当てるやつはPoke系が一番わかりやすい。

SonaとかはQの射程に入ると100%撃ってくる。KatとかもCost無いので一瞬でも範囲に入るとQが飛んでくる。

直線形とかでも、ミニオンの壁から少しでも出ればEZのQは飛んでくる。 

後はスキルじゃないにしろ100点満点の美しいKite。

AAキャンセルは100%の効率で、AAキャンセルも完璧、みたいな。

まあこれはぶっちゃけ怪しいってだけでもしかしたら単純にDoubleliftなのかもしれない。


Recallした相手にGlobal ultで確定Killとか、BardのULTとかGA明けの敵に対する完璧なCCとかBurstとか。

色々。








よくわからない動きに関してはバラバラ。

明らかに死ぬのに味方や自分に対してヒールバリアー使ったり、そういったもったいないことする。

1v3とかで突っ込むと確実に死ぬのにも関わらず、一人は確実に落とせるから突っ込んで死んで1-1交換とか。

無理だろ、っていう状況でも結構突っ込む。

実際スキルは当たるし回避出来るしでOutplayの可能性はあるとしても。

明らか可能な限り早くタワーのAggro切ったほうが良いっていう場合でも、自動でCS取るモードとかだと、タワーに殴られながらCSとってたりする。

Manaを絶対他のスキルが上がったとき用に置いといて方が良いっしょ?っていう所でも自動設定でバンバン打つようになってるとかも。

最終的に移動スキルのMANAがねえ!とかで死ぬ。





後は主観だけども、スクリプターと言えばToxicなイメージが強い。

スクリプトを求める理由はわからないにしろ、全能感があるせいでボコボコにした対面を煽るだとか、自分が死んだとき、負けたときの味方への不満RQとかがある気がする。




対処法としてはどうすれば良いのかというとまあ普遍的なことしか言えませんがマクロで勝負するだとか、対象指定からのCC重ねとかしか無いでしょう。

スクリプターと言えばOrbwalkが完璧なKalistaみたいなもんなので、対象指定でやっちまうか戦わずして勝つくらいしか無いんじゃないでしょうか。

もしくは通報してBANされることを祈る。肉を切らせて骨を、みたいな。

肉が切れるだけかもしれないけど。


今日見たのはカクカク動く上に対面を煽りまくるただのcocky野郎でしたが、擬態出来てる人だとただ単にSmurfなのかスクリプターなのかはっきりとし辛いので難しい。



終わり。





 
記事検索
  • ライブドアブログ