はい。

このブログの左上にあるブログランキングですが、全く関係ない奴を貼っていたのでランキング圏外まで吹っ飛びました。

貼りなおしたので、このブログをブックマークしてくれてる人や、応援しても良いって思う人はコンビニの募金箱に釣銭入れるくらいの感覚でクリックしてみてください。


League of Legends ブログランキングへ




ランキングは気になるけど、このブログに票が入るの嫌だ、ブログやめろ。LOLやめろ。死ね。って思ってる人はこの下のやつから行けば票が入りません。


League of Legends ブログランキングへ








































まあ嘘ですけどね。

どっちクリックしても票入ります。FU







さて、今回の記事は 効率の良いダメージアイテムと防御アイテムの買い方とあります。

が、育てば火力、じゃなければ硬くっていうアレ。


とりあえずわかりやすい奴から行きます。JGはチャンピオンが多岐に渡るので省きます。他のRoleを参照。












まず簡単なのはMidです。

なぜ簡単かというと、、それは火力以外選択肢があんまり無いからです。火力を積んでダメージを出すっていう作りをしていますからね。

Midに来るのはアサシンとメイジと仮定しますが、これらのチャンピオンは防御力を上げてもあんまりメリットがありません。

ダメージアイテムを積んだ時の火力はかなり伸びますが、防御アイテムは積んでもチャンピオンとの相性があんまり良くないので、中途半端なダメージに中途半端な硬さっていう事になって全然強くないです。

レーンが辛くても、基本的には火力と防御を両立できるようなアイテムで耐えるっていう方が効率が良いです。

メイジのアイテムならabyssalAbyssalでMR。ZhonyasZhonyasでAR+無敵アクティブ。RoARoAで体力確保だとか。

これらのアイテムはAPが得られるので、火力を捨てなくても済みます。

ADアサシンならばMoMMoMやMSQSS剣だとか。



死なないために防御のみを優先、っていうのはあんまり向きません。

そうすると劣化ファイターが出来上がるだけなので。

牙と爪が無いMidレーナーっていうのは全然怖くないですしね。

同様の理由でADCも火力を積まないと話にならないRoleです。火力を出すタイプのチャンピオンはJungleだろうがTopだろうが、Midと同じような事が当てはまります。

まあ防御アイテムが有効な場面も多々ありますがここでは置いときます。

参考

http://xengom.blog.jp/archives/1044614509.html



火力Roleで防御優先するのは、

ガンタンクにこのシールド使えよっていうのと同じだと思って良いです。


とは言え上記のURLにある通り、勝ってるなら防具っていうのも必要になります。












次に出てくるのがサポート。

サポートと言えば基本的にワード買って、チームの役に立つようなアイテムを買っておけば良いっていうのが一般的なんじゃないでしょうか。

純粋なサポートだと一人で出来ることが限られているのでそれで良いと思います。


しかし、純粋なサポートではなく、ファイターだったりメイジだったり、そういった他のRoleタグが付いているチャンピオンの場合は一人でも色々とこなせます。

なので、もしも自分がこういったサポートをプレイしていて、ADCではなく自分にKillが入った場合、早期に火力を積むことも選択肢に入ります。

そうすることによって局地的な戦闘で影響力が大きくなる上に、レーンでも大きなプレッシャーとなります。

常にADCやMidが育って火力を出すっていうわけじゃなくて、サポートでも育てば十分強いです。


ダメージを出すタイプのサポート、All-inタイプやPokeタイプなんかは育った時のダメージがすごく高いです。



sona?RoAlichbanemejaivoid













最後にTop。

Tankはわかりやすいです。

硬くすることによってスキルのダメージが上がったり、シールド量が増えたりと、防御アイテムを積んだ時の伸び効率が非常に高いです。

逆に言えば火力を積んでもダメージの伸びが若干悪いっていう事になります。

なので基本的に防御アイテムを優先して買うっていう感じになります。

MidやADCと対局のRoleです。


まあ別にAp malphiteでも良いですけどね。










次にファイター。

個人的に一番ややこしいのかなと思います。ファイターだけじゃなくて、タンクにしてもダメージディーラーでも通用するようなやつ。

なぜややこしいかというと、上記にあるとおりダメージアイテムを積むと火力が伸びて、防御アイテムを積んでも硬くてそこそこのダメージを出せるからです。

そのため臨機応変に対応出来ると言えば聞こえは良いですが、何を積めば良いのかだとか候補が多くてわかり辛いです。





基本的には育ってたら火力、育ってないならタンクで良いと思います。

育ってるなら殺される前に殺すっていう理論でいけます。育ってない場合は無理に火力を積んでもすぐ死ぬだけです。

育っても硬くしたいっていうなら純タンクで良いですし、負けてるのに火力積みたいっていうならアサシンでもやっとけば良いです。



例外はもちろんあります。

味方チームにタンクが居ない場合だとか。これは要するに味方チームはダメージディーラーが多いので、別に自分がダメージ出す必要無いです。

硬くして味方がダメージを出してる間に耐えることが出来れば敵は死にます。

と言っても自分と味方の育ち具合によりますが。

味方がちょっと育ってるけど自分はかなり育ってるとかならゲームを早期に終わらせることが出来ると思うので、ダメージでも良いと思います。

逆に自分はちょっと育ってるだけだとして、味方が結構育ってればタンクにすると味方が良い感じにダメージを出してくれるので良いと思います。


後、いくら自分が育っていたとしても、火力一辺倒っていうのはあんまりお勧めしません。

それならアサシンの方が良いですからね。 

ファイターがなんである程度防御力を必要とするか、っていうのはダメージを出すためです。

アサシンはRoleの特性上、単体火力で敵を葬って即離脱っていう感じで、ダメージを受ける前提ではないです。

しかしファイターはある程度ダメ―ジを受けつつも、耐えながらダメージを継続的に出していくっていうタイプ。

アサシンは一発どかんでダメージ出しとけば良いですが、典型的なDPSファイターは超雑な計算式で行くと

生存時間×ダメージアイテムの数

で総合与ダメージが出てきます。

火力積みまくってるけどすぐ死ぬっていうのは0.1×1000みたいなもんでパッとしません。

もしも火力を出す前にキルされてしまったら、攻撃アイテムを買う意味が一切無くなります。

そのためにもある程度防御に気を遣う必要があるわけです。 

回復能力がある奴なんかは硬くしとかないとすぐ死ぬので、回復能力が一切活用できなくなります。






終わり。