はい。

間合いの維持法みたいなもんです。

一応Rangedチャンピオンの基本ですが、ADCカテゴリーになってます。


基礎の間合いの取り方といえば猿でもわかりますね。

詰めたいなら前へ、取りたいなら後ろへ、っていう感じ。


ただ、柔らかいチャンピオンの場合、前に出るのは結構危ないです。

追撃するために前に出たは良いものの、移動スキルがCDになってるので相手がそれをわかってて反転、そして殺られるみたいな。


というわけで、もう追撃イケイケ状態じゃない場合は、前に出る際でもある程度距離を取っておくほうが安全です。


というわけでどうするかというと簡単です。

距離を詰める時は斜め前に出る、取る時は斜め後ろに移動する事です。

移動スキルを相手に向かって直線で使うと、前に出過ぎますが、斜め前に移動すると最大射程を保てます。

斜め後ろに下がると、撤退しながらも相手にダメージを出し続ける事が出来ます。


当たり前すぎだとか簡単過ぎるッて思うかもしれませんが慣れてないだとか、射程や戦闘のテンポを理解していないと結構難しいです。


もしも愚直に前に出た場合は相手に反撃の機会を与えることになりますが、斜め前に出て射程ギリギリを維持すると、相手は反撃するためには前に出てこないといけないので、敵からすればやり辛いです。


分かりやすい例としてはDravenとか。Qの落下地点を操作する際、前や後ろに落下地点を作ると、間合いが前後し過ぎてプレイし辛いです。

しかし相手を中心にくるくる回る様に落下地点を操作、つまり斜め前や斜め後ろに落下地点を作ってプレイすると、間合いを維持し易いです。


最初の方で言ったように、移動スキル、VayneのQやEzrealのEなんかも同じ。

追撃の際直接前に出るよりも、ある程度最大射程を保ちながら、付かず離れずの距離を取ることで安全かつ、ダメージを出し続けるってことが可能。

徒歩でも同じ事が言えます。

まあ徒歩だと単調な動きになりがちですけどね。(主観)



愚直に前進、撤退しか出来ない場合はやはり相手からしても動きが読みやすいので、こちらの動きを把握したMeleeが反転してきたりします。

後は動きが単純になるので、敵のスキルにめちゃくちゃ当たる事。

前か後ろにしか動かない敵なんていうのは撤退する際CCを適当に放っても当たりますし、追撃する際には射程内であればまっすぐ打つだけで追撃成功します。


後、タワーの射程ギリギリとかでもかなり使えます。

VayneのQで前に行くとタワーの攻撃受けるとしても、斜め前に移動して攻撃すると、タワーの射程ギリギリ外で攻撃が終わるっていうことが可能です。

Wの3発目を発動する時とか使えますね。


TrisのWとか見てると一番わかりやすいのかなと思います。

とにかく距離をつめたい場合とか、ダメージが少しでも欲しい場合とかを除いて、結構斜めに飛ぶ事が多いと思います。

射程を維持し続けるだけでまたジャンプ出来る機会が出来ますしね。



やはり一番重要なのは、追撃の際でも安全にダメージを出せる位置取りが出来る事。 

そして相手のスキルを回避し易いと言った点で、斜め前や後ろに移動するっていうのは大事です。



撤退や追撃が確定している一方的な状況では選択肢は一つですが、まだ曖昧な戦況の場合、後々取れる選択出来る余地を残しておくっていうのは大事です。

追撃して一気に射程を詰めてしまった場合、もう撤退は不可能です。

TrisのWで突っ込んだ場合なんかはもう敵を誰か殺すまでは下がれません。

自分も移動スキル前に使っておきながら、敵がいっぱい出て来たから即座にFlash退避っていうとっても恥ずかしい動きをすることがアリます。


逆も同じく、撤退するために距離をとってしまった場合は、反転するとなるともう追いつけません。

死なないなら良いと思う人もいるかしれませんが、勝てる場面とか、チャンスがある場面で挑戦せずにその機会を投げ捨てるっていうのは勿体無いです。


最大射程を維持している状況なら、 今後追撃も可能ですし撤退も可能です。

別に最大射程じゃなくとも、確定してないものの追撃する感じであればちょっと距離を多めに詰めとくっていうのでも大丈夫ですし、ちょっとまだ反転出来ないなって言う時であれば多めに距離をとっておくっていうことも可能です。

この技術は移動スキルのCDがそもそも短いVayneとか、CDリセットとか軽減があるTrisとかEzとかで特に重要だと思います。

間合いを上手く取りつつ、選択肢を減らさない動きをする。そして戦闘の流れ次第ではその数ある手札の中から最善手を切るっていうプレイが求められますしね。

付かず離れずのADC相手だと勝てる気しませんが、ビビって即撤退もしくは追撃ムードでGOGOの2つしか選択肢を持っていないADCだと対処は簡単です。


というわけで上手い人の動画とか見る時に、こういうことを知っていると見てて理解出来るので面白いかもしれません。


 

終わり。 

スポンサードリンク