続きの続き。


の前に、最近Reworkを受けたMageでどいつが基地外OPに成りあがったのか?っていうのを考察した動画が出ましたので暇な人はどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=HSx5XMbvM_E


VELKOZ

ヴェル=コズは長距離射程のダメージソースが欲しい時、または…確定ダメージを与える レーザービームが欲しい時に選ばれるモンスターです!前衛を溶かしてから、後衛を消滅させましょう。

―公式より。

レーザービームが欲しい時?はよくわかりませんがULT一発屋としての大幅な強化。





まずはPassive。

AP Ratioが付きました。

なので3Stackを相手に付加した場合の追加ダメージは増えました。



それに伴いWEのRatioが低下しています。


Qはダメージに変更はありませんが、このスキルでKillしたMinionだとかモンスターとか敵Champの数1つにつき、50%Manaが帰ってくるようになりました。

そしてスキル予測線が本人にしか見えないように。

Q自体はBuff。





そして最後に糞ややこしいULT。

ダメージ自体はAP Ratio、基礎ダメージともに大きく上昇。

500/700/900 + (.6 AP)→550/800/1050 + (1.0 AP)なので、ダメージはすごい上がった。

CDも各レベルで10秒減少。


Passiveが適応されない代わり、ULT自体に新たなPassiveが付きました。

ややこしい。

ULT Passiveは、Passive発動させた相手に対してDebuff的なもんを7秒間つけます。

このDebuffはAAもしくはスキルによる攻撃で効果時間がリフレッシュされます。

そしてこのDebuffがある間は魔法ダメージの代わりにTrue Damageを与えるっていうやつ。

要するにDebuff付いてる相手にはQWER全部True。


ULTでDebuffが付かないのは残念だけども、Debuff付加した相手への保証されたダメージは半端無い。

ただ、Debuff付きの相手じゃないとULT使いにくいっていう感じが付きまとうように。

遠くからULTを止めることが出来るChampが敵にいるとただのエロ触手に成り下がるのかな?っていう勝手なイメージ。

Debuff付加、維持っていう新しい要素が付いた。









Vlad

ブラッドミアがサステイン(回復)中心のブラッドメイジであることは変わりませんが、彼の体力を活用して大ダメージを与える能力を向上させます。

―公式。




Vladimirと言えばこちら。

http://ootoro55.hatenablog.com/

おそらく日本語で書かれたサイトの中で、今後Vladの考察が一番多くなるんじゃないかと思われるブログ。

Rework後に使ってみたい人は必見?

Rework解説については、このブログよりVlad専の人のが見たいって人は以下から。

http://ootoro55.hatenablog.com/entry/2016/04/21/054809

上記にほとんどまとめられてるので被らない範囲で書いていきます。


さて変更点です。StatsとPassiveの変更は全て上記URLにあるため省略。


Q

Qの大きな変更は、やはりCrimson Rush.

名前も格好良い(中2)けど、やっぱり見えるっていうのはでかいと思います。

例えばTFがカードをパラパラしてる状態、Annieのスタックが3つ溜まってる時、Jhinがおもむろに弾数残り1で駆け出した時、結構明確なゾーンがありますよね。

うわここ入るとやばい所だっていうゾーンというか、何かプレッシャー。

TFとかレーンで弱い弱い言われててもあのカードペラペラで強レーナーとやりあうし、Vladもレーンで強くなるんじゃないの?っていう考え。

強くなるというか、ある程度Zoningが前よりも可能になる。


後Rush無しQはNerfだけど、Mageとしては前もってRush Qを準備してBurstを高める事が出来るっていうのはメリットだと思いました。

Diveの時とか。仕掛けるときとかやりやすそう。





E

*W中にチャージ可能。


こちらも何か見た目が凄く格好良い。

前の鼻血飛ばしてるような見た目から大きくBuff。

Wよりはマシと言え、現Eと比べるとHealth消費が結構でかい。

そしてCDが長い。

ダメージはStats次第でかなり強そうではあるものの、前のようなPush力は期待出来ない。


Qと合わせると、Burstを出すための準備がしやすくなった。


ただおおとろさんの記事にあるように、前もって準備が出来るっていう事がモロバレなのでわからない殺しは難しい。

わかってても回避出来ない殺しをする必要が出てきた。




ULT

旧要素Nerf、回復がついた。














Zyra

ザイラはLoL界きってのコントロールメイジであり、新たな固有スキルでこれまで以上にサモナーズリフトに彼女の花を咲かせることができます。棘の森の手入れをする時間を少しでも確保できれば、彼女が敵のエンゲージに対してカウンターするのを多々見ることができるでしょう。

―公式。

要するにペット。

Malzのカニ、Annieの熊に続いてまたペット。例のごとくAIの性能を良くしましたってやつ。

ペットとは名ばかりの魔界の花。




まずはStats。

MSが最低の325から340になったので、League of マラソンでも泣かないで済む。


Passive

なんと最大8個まで種を自動で生成。

そしてなんと開花させると、前までよりもまともな知能で戦う花の戦士に。

ただしダメージはNerf.

QはMana cost Buff、ダメージNerf。

そして形がまんまMalのQみたいな感じに。

前のような円形のスキルではなくなった。

WはPassiveのActive。

種を生成することが出来る。

種にはVision関連のあれこれがあったけど削除。生成しようが踏みつぶそうがVisionに影響なし。

Wのレベルによって花の体力が増加する。


Eは据え置き。

ULTは範囲内の花をより凶暴に。



全体的に何かHeimerみたいになった。

特に興味が無いので次。








Veigar

一番上にあるランキング動画じゃぶっ壊れRework Mage No1.

新たな固有スキルにより、ベイガーは敵チャンピオンのキル、アシスト、または 敵チャンピオンにスキルを命中させることで究極の悪(魔力)を獲得します。

―公式。


Veig UserのTradeするとManaが無くなってStack貯めれないけど、Tradeしないとレーンで死ぬっていう葛藤を一発に解決しちゃった変更。

AP増加Passiveが、敵にスキルを当てるでAP1、Kill/Assistで3増えるように。

QでCS取ってもAPもらえる。普通のMinionでAP1、でかい奴で2.

その代わりと言っては何ですが、存在を感じなかったMana回復Passiveが削除。



QWEもBuff。Mana costが全てのレベル通して減った。現Passive削除の埋め合わせ。

間接的にはBuffなのかどうか知らないけど現Passiveとくらべて新Passiveが強すぎるので多分Buff。


ULTのMana costも当然減少。

大きな変更は2つ。

1.敵のAP関係無しになった。

2.Excuteスキルになった。


2はLeeの2ndQと同じで、死にかけのやつを殺すのが得意になった。


前のようにAPガン積みの敵をULT一発で殺すっていうのは無くなったけど、ADの敵だろうが何だろうが死にかけのやつに対する処刑能力は上がった。

対AP特化から、オールラウンダーに。



OP1位と言われるだけあってかなり使いやすい変更になったと思う。

使いやすさでいえばCassと並ぶんじゃないかなって。





Xerath

敵チャンピオンに「蒼の天弾」が命中した場合、追加の「蒼の天弾」を1発獲得します(最大数制限あり、ランクを上げる度に増加)。

―公式より。


ただPBEだとこの説明とは全然違って、ただスキルlvlによって弾数が変わるだけ。増える増える詐欺。

あとはEのスタンが飛距離によって大きく上下するように。

Reworkと呼ぶにはおこがましいレベル。






Ziggs

ULTのCDが減少、Minionに対するダメージが2倍から1倍に。

あとはWでタワーを一発破壊できるように。

レベルによって一定体力以下のタワーを瞬殺。

数値はこれ。25/27.5/30/32.5/35%


Siegeの神になれる。

元々Pokeが得意で、タワー割るのもMageの中じゃ優秀な方だったので、どうなるのか見もの。







チャンピオンはこれで終わり。途中から他の事してて完全にクオリティに差が出てるけど終わり。



 

スポンサードリンク