LOLは深い

LOLのブログ。メタとか上達方とか個人的な奴とか。

LOLに関係ない

2016年に向けて


おはようございます。


一切更新してませんでした。



本来ならLOLを死ぬほどできる環境になったのですが、日本のくそ寒い上に空気カラカラの感じに喉をやられて年末年始はPCではなく布団と薬と過ごす羽目になっています。


LOLは疲れるからこっちという友達のすすめに従いHearth Stoneを始めましたが、これがまた楽で面白いのでやっています。


はまると思ったのでやらないでいたのですがやり始めました。

案の定の結果です。



とはいえ年が明けて風邪が完治すれば活動開始するので、来年もよろしくお願いします。

 

LOLでの友人だとか、いつも一緒のDuoって本当に貴重な存在



こんばんは。

合同GP記事企画 に若干遅刻したものの、まあ終わりました。

やる方としてはなんか友達とバーベキューするみたいなノリでおもしろかったのでまたやりたいですが、見てる方からすればつまらないかもしれないのでそこらへん難しいですね。

後GPっていう選択がそもそもの問題かもしれません。







前置きはこのくらいにしておいて。

楽しさから反転、この記事は楽しくない。




Vladっていますよね。Vlad。

自分はなんだかんだTopでちょいちょい使ってるんですが、昔から超参考にしてるブログがありました。


こちらがそのブログ。

古い方。http://ootorobomber.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

新しい方。http://ootoro55.hatenablog.com/



そして問題の記事が以下。

http://ootoro55.hatenablog.com/entry/2015/12/03/221723


もし問題があればすぐ消します。









この方と何らかの交友があるわけじゃないですが、書き方が好みで考察も詳しいしということで、かなり昔から読んでいました。自分の中では高みの存在。


その分、最新記事を読んだときは衝撃を受けました。



が、正直恥じる必要は無いとは思いました。




よくありますよね。

日本人5人でノーマルしようとか、Duoしようよとか。


LOLの何が楽しいかっていうと、一人でやってもそれは当然おもしろい。

ただ、一番楽しいのはやっぱり友達とやる時。

あーだこーだ言いながらプレイしたり、Replayやプロの試合を一緒に見たり、立ち回りとかBuildとかで討論したり。


プレイするっていう事自体が楽しいゲームも多いですが、LOLはそうやって友達と一緒に時間を過ごすっていうことに関してはかなり良いゲームだと思います。



自分にはリアルで10年以上の付き合いで、留学中で日本を出ていても、LOLを通してずっと交友が続いてるっていう個人的にはかなり最高なDuoが居ます。

お互い色んなことを共有出来るし、Rateも常に同じくらいっていう感じの。

正直これ以上のDuoはいないだろうと思います。





という現状もあり、正直この記事を読むまではDuoの必要性というか大切さがあんまり理解できてなかったんですね。

失って初めて気づくとかいうアレじゃないですが、まあ似たようなもん。



SoloQ戦士はまた自分とは違うのかもしれませんが、確実に誰かと一緒にLOLをやりたいっていう人は自分や、上記のブログを書かれているおおとろさんを含め、かなりの数存在するはずです。





それは恥ずかしいことなのかというと普通のことです。

書かれている事実が恥ずかしいのではなく、多分本心を吐き出した事が、まあ公の場で全裸になった感じで恥ずかしいんではないでしょうか。





自分は、リアルの友達がLOLにちょっとでも興味を持ったら、死ぬほどお勧めします。

LOLのおもしろさを可能な限り説いたり、一緒にやる時には死ぬほど介護したりします。

RPくれって言われると死ねって返しますけどね。


なんでかというとそれは一緒にやりたいからです。

LOLっていうのは上の方で友達とやるなら最高のゲームと書きましたが、気の合わない人とか、リアルで問題ある人とかとやると最悪のゲームになります。


でも気心知れた友人ならそういうことも無いですし、一緒にやりたいです。

まあ最初は糞へたくそですが、できれば同じくらいの上手さになって、発狂しながらでもやれたら最高っていう感じ。




後は、プレイ中に気が合った同じRate帯の人と友達になることです。

初対面というか、交友が薄いと当然その人の表層しかわかりませんが、何人も試すうちにやっぱり気が合う人っていうのは出てきます。

しかも同じRateなので、リアルの知人のように接待する必要も無く、手っ取り早いです。




リアルの友達を死ぬほどLOLに勧誘するだとか、とりあえず仲良くなれそうな外人にFriend送ってみたりだとか、そういうのはやっぱりDuoが居てもします。

キープとかそういうのじゃなく、純粋に楽しいし、人数が居れば余計です。特に5人いれば。




おおとろさんはブログを書き始めた理由を書いていますが、自分も同じような理由です。


上手いプレイヤーに見てもらいたいというか、誰でもいいから自分の考えを矯正してくれっていう。

後はやっぱり読んでほしい、反応が欲しいっていうのもあります。

孤独を感じたくないと言うと中2っぽいですが、要するにLOL社会?との接点が欲しいと思ったのがあると思います。


DuoがLOLをやめるっていうのは考えると、リアルでの付き合いはなくなりませんが、自分たちの中にあるLOLという共通項目が無くなるので、Duoの代わりが欲しいと言っては失礼ですが、新しい誰かを死ぬほど求めるかもしれません。




ニコニコやTwitchで配信してる人がDuo募集してたらFriend送ったり、LOL 友達でGoogleにかけたり、Followしてくれてる人とかにFriend送ってくださいってお願いするかもしれません。


ブログでも名前を晒して、同じRateなら一緒にDuoりましょう宣伝したり、積極的に外人プレイヤーに声をかけるはずです。多分。



それは決して恥ずかしいことじゃなく当たり前の事だと思います。人間なのでコミュニティを大なり小なり作るのは当然の事ですしね。

捻くれてなければ、とか言って。





ただ、おおとろさんがどう思っているのかはっきりとは断定できないので、もし記事を広めたりするのをやめて欲しいとか、ごちゃごちゃ言うのが目障りであればこの記事は火葬します。

まあ別に許可取りに行ったりしませんけどね。



ともかく、彼の記事が気づきの多い素晴らしいものであることは間違いないです。


今は当たり前の存在でも、もし気が死ぬほど合って、なおかつ同じくらいのRateのDuoだとか、よく一緒にやる仲の良い他のプレイヤーっていうのは中々見つけることが出来ません。


よくあることですが、仲が良くてもRateが離れたりすると、一緒にやれなくなったりします。

Duoパートナーとの実力差はどこまで許容されるのか

っていう記事の最後で出てきたプロRengar君みたいな人もいますし、あとはやっぱり余裕が無いときにLOLをプレイしたりすると、誰かが責め口調になって雰囲気が悪くなり解散、交友が深まるにつれて本性が出てきて合わなくなって来たり。

色々あります。ゲーム自体をやめるっていうのも十分にあり得る話ですしね。


LOLに限らず、共通の趣味だとかなんだとかがあって、なおかつ仲良くなれる存在っていうのは限られます。


まあ自分の場合、人付き合いは深く狭くが好ましいのでそう思うだけかもしれませんが。


何にせよ、

何をやるかじゃなくて、こいつと一緒なら何でも楽しいわっていう人とLOL出来たらめっちゃ幸せなんだろうなと思います。
















最後に


友達とかDuoが居たらいいなと思うのは当たり前。とか書いてるのですが、おおとろさんと自分が言うのでは圧倒的な差があります。

はっきり言うと自分はDuoに恵まれていて、彼のDuoは去ってしまったという点で。


自分が書いたこの記事は、人が他者を求めるのは当然、っていう一言で済む当たり前の事を書いた記事。

彼が書くと、悲痛な叫びで心に響くし、同情を引くかもしれない。


ただこの叫びは至極当然のことで、恥じる必要は全然無いことだと言いたい。

そして、安易な同情もしない方が良いと思う。もしも彼が、上記で紹介した私のDuoくらいの人間を求めているのなら、見つけるのは相当難しいと思う。

それに、本人が積極的じゃなかったり、妥協しなかったりすれば当然機会は無いはずだと思うから。


そもそも詳しいことを知らないので憐れんだり、批判したりは全く出来ない、するべきでもない。


ただ、ここでこのブログが無くなったりするのはめちゃくちゃ惜しいというか、つまらないブログが糞ほど溢れてるのに面白いブログが消えるっていうのはとても悲しい。

まあ当然この記事が糞記事で、このブログが糞ブログっていう人もいっぱいいると思いますけどね。
個人のブログなので好みとか意見くらいは書かせてください。


というわけで一個人としては、昔から高嶺の花だった存在が去ってしまうのは、好きなアイドルが電撃結婚して引退した感じで寂しいです。

まあ好きなアイドルとかいませんけどね。


正直オチも糞も無い記事ですが、彼の記事を読むともう何か言いたくて仕方がない気分になりました。

自分もいつかはそう思わせられるような記事が書けるようになりたいです。



終わり。

















 

衝撃的なDyrus氏のインタビューと手のひら返しのおこタイプサポーター




まあ張る必要はないかと思いますがわざわざ出すのが面倒な人用。












最近多いですが全然役に立たない記事です。















決まってたことですがDyrus氏の引退ですね。


TSM Dyrusが選手として引退。


記事被ってるよっていうのはもちろん知ってますが、まあ大事なので繰り返しても良いでしょう。


かなり衝撃的というか、うっと来るインタビューだと思いました。

上記のリンクで紹介させてもらったつきひさんの記事にもありますが、涙を誘うインタビューですよね。

I'm really sorry to all my fans... that I let you down.

ってまあ合ってるのか知りませんが、途中2分ちょいのところから上記の発言があります。

まあファンの皆さん失望させて悪かったみたいな感じですが、もう文字にするのもまどろっこしいですね。

ごちゃごちゃここで書くよりも見てほしいインタビューだと思いました。

年を取るにつれて涙が零れる機会っていうのは少なくなってきましたが、Chaox氏と別れる際だとか、このインタビューだとか、Dyrus氏の涙はなんかすごい共感できるというか理解できるというか、もらいやすいですね。







Dyrus氏といえばTSMで長年TOPをやってるベテランプレイヤーです。

自分はChaox氏がめちゃくちゃ好きで応援してたのですが、彼が脱退してからも何だかんだTSM頑張れーてきな感じで応援してました。
Bjergsen氏が入ってからさらに大きな期待を寄せるようになりました。

日本の方は結構NAサーバーでやってるので、なんだかんだNAのチームを応援してるっていう人が多いんじゃないでしょうか。





まあそんな話は置いといて。

本題です。


上記にあるように、日本の人で結構NA応援してる人は多いですよね。

大抵はC9とかTSM応援してますね。

まあ強豪チームのほうがサポーターが多いのは当然なのでそれがよく目につくだけかもしれませんね。

でもDigを本気で応援してる人とかは見たこと無いです。

ファンの人はすいません。



さて、ファンにもいろいろありますよね。

まあ一番理想的なファンといえば、試合があれば応援して、負ければ励まし、勝てば熱狂するって感じじゃないですか。通称信者との境界線はどこだタイプ。

他にも、

応援するものの、負ければ怒って、勝てば喜ぶ。通称おこタイプ。

そもそも常に鞍替えして勝ってる最強チームのファンにしかならない。通称壁紙全部そろえてるマン。Tシャツ全部持ってるマン。



まあファンって自由というかなんでもやりたい放題だよねっていう話なんですが。



理想的なファンっていうのはまあ信者だとか言われるのかもしれませんが良いですよね。

まあアンチ攻撃だとか意味不明な庇いとかが境界線だと思います。信者とサポーターの。


逆に応援はするけどプレイヤーがミスしたり負けるとイラついて批判したり怒ったりするファンもいます。
勝てば当然喜びますけどね。ファンなので。

でも勝ったとしてもおこなときはあります。

なんかアナリスト気取りっぽい人が多い気がします。

とはいえプロでもミスするので的を射た批判する人がいるんだと思います。

逆に流石にこれは無いんじゃないかなみたいなコメントもあるような。



あとは最近笑いましたが、この変わり身の早さ。

やっぱり負けてるチームのファンでいて、イライラするよりも、勝ってるチームを応援するほうが楽しいですよね。

それか元々好きなチームがたくさんあるっていう浮気性の人なのかもしれません。

ちょっと前には壁紙を一瞬で変える動画がありましたね。






どうでもいい話ですがDoublelift氏が昔、応援しなくてもC9はそんなもの無くても常に勝つし、負けることないから励ます必要も無い。

TSMはもはや純粋なNA出身者は一人だし、アメリカのチームじゃないだろ。

この2つのチームのNAサポーターは何考えてんだ?っていうのを聞いて納得しました。

C9LOVEで応援してる人は申し訳ない。






っていう話は置いといて。


上のほうでは3種類のサポーターの話を出しましたが、ほかにも種類があると思います。

あくまで例なので、3種類のうちどれか純粋に1つにあてはまるとかじゃなくて、このタイプにも当てはまるしこのタイプにも当てはまるっていう混合型の人が多いと思います。



実際WCS見てる人と話をすると、いろんな人がいますね。

Dyrus氏引退の記事のあれなのでTSM関連の話に限定すると、TSMがどうなろうがなんだろうがとにかく応援する人だとか、もうTSMとCLG死んでるから僕はC9のファン!!っていう人もいます。

当然ながらDyrus何やってんの???????????????????????????????

一人で死にすぎじゃん弱いじゃん引退しろよとか。

まあぶっちゃけそういう批判は自分の知り合いに限らず結構いろんなところから聞く批判ですよね。

つきひさんの記事でもあるようにDyrus氏がFB献上するのは一種のパターンというか。

TSMのTOPは育つとやばいけど、腐ると腐りきるっていう、なんかSoloQでADCが真っ先に狙われる感じで殺されます。

CampされてDiveされてPickされて。

まあ結構わかりやすいというか、結構死んでるイメージがあります。

はたしてそれはSuppのRoamが遅いのか、JunglerのHelpが足りないのか、正直あんまりわからないんですが、パッと見るとDyrus氏が劣ってるように見えます。


これはTSM応援してる人からするととってもまどろっこしいですよね。

なんてったって足引っ張ってるようにしか見えませんから。

Junglerは何だかんだでHotGuy氏に。

MidはNA Fakerに。

ADCは残念ながらChaox氏が脱退。

SuppはLustboy氏に。

でもなんでTopは変わらないんだよ、そろそろ変え時だろうみたいな。




Dyrus氏ではなくTSMの他のメンバー、例えばBjergsen氏なんかは非常に人気があるので、BjergsenマジLOVEなんだけどTOPが足引っ張っててうざいんですけどぉみたいな人がいるかもしれません。

まあTSM自体のファンではなくプレイヤーのファンならこうなっても仕方ないような気がします。


でもTSM自体を応援してるならちょっと違うんじゃないかなと。


さっきも書きましたがDoublelift氏はC9のサポーターであるつまらなさを、応援してもしなくてもどっち道最強だから勝つ。つまり負けないから励ます必要もない。

サポートし甲斐がないつまらないチームだと言いました。


TSMが好きで応援していても、Dyrusマジで何やってんだよー、だとかはちょっと悲しいですよね。

Dyrus氏は引退前の試合なので更にですが、多分負けて悔しい、もしくは申し訳ないと思うのは本人だと思うので。


ここで思ったのが、応援してるチームが負けて、ファンがそれに対して怒ったりイライラするのはちょっと筋違いというかなんかなーということですね。

応援してるチームが常に勝てるわけではないですよね。

勝つと当然うれしいですが、負ける時もあります。

そこで応援してるチームが負けたことに対して失望したり、呆れたり、怒ったり、イラついたり。

それはちょっと道理がわかってないんじゃないか?と。


勝ち負けの可能性は常にあるわけですし、そして何より、勝ってくれないチームなんかと言ってごちゃごちゃ言うのは何とも。

それだと競馬みたいですしね。


あんまりやばいと見限る場合もあるかとは思いますが。






さて、何だかんだ偉そうなことを色々上で言ってますが、最初らへんに書いた3パターンのファンだとか、すべて知人のことじゃなくて今この記事書いてる自分の意見も混ざってます。

例えば、Dyrus何やってんだよというヤジ。


何だかんだ言ってミーハーなもので、MIDが上手いと超惹かれます。

Froggen氏だったり、Bjergsen氏だったり、当然Faker氏なんかもとにかくMidのMechanicsがすごいととりあえず応援する派です。

なので、当然上のヤジも出てきます。

だってBjerg氏上手いじゃん。それで勝てないってことは他が弱いに決まってるじゃん。


Dyrusまじどうなってんんんんんんんんんんっていう超単純ですがまあそういう思考にが混ざります。

いくら合理的に考えようといっても感情は入りますからね人間ですし。




でもやっぱり普段はプレイを見てるだけですが、こういうインタビューを見ると衝撃的で頭もまともに働くようになる気がします。

Champを通してだとプレイヤーの思考、感情は全然わかりません。が、インタビューだと見えるのでそこらへんがはっきりします。

感情があふれそうになっているのにも関わらずインタビューに応じたり、

I'm really sorry to all my fans... that I let you down.

という絞り出されるようなセリフ。


同情とかではなく、道理が見えます。まあ道理って言っても自分が考えるものですが。

メールじゃ心は伝わらないけど、電話か直接会えばよくわかるよっていうノリですかね。

まあメールじゃなくて直接言ってよっていう告白されたけど不満な女の子っぽい感じになりましたが、似たようなもんですね。



ちなみにタイトルの手のひら返しのおこタイプサポーターとは自分の事も含まれてました。

今はそうではないと信じたい。















あとがき

インタビューのセリフ同様、Twitterでも失望させて申し訳ないとありました。

勝ちたい。負けて悔しいっていうのもあるけど、やっぱり期待に応えたい、応援してくれる人に報いたいっていう方が、でかいのかなっていうイメージが。

なんでこんなにファンがいるのかなと思いました。考え方がファンありきなので、勝った負けたの独りよがりなプレイよりもこっちが良いっていう人がファンの人には多そうです。 

それでも、いくら感動的なインタビューでもファンの人は時間が経つといくら心動こうが、いくら応援しようが忘れるんだなーと。

まあそりゃ当然だけどなんかすごい悲しいことの気がするなって。

自分もそのうち忘れるけどね。











 

小さな国際社会LOLと人種差別




はい。


全然LOLにまた関係ない記事ですね。


始まりは全てこの記事から。

一週間休んで来ます


考察のレベルも高いし書いてる人のレートも高いしってことでよく目を通しているんですが、こんな記事が出ててびっくりしました。






まあLOLといえばNAだとか英語圏からEU諸国、そしてアジア南米、まあぶっちゃけどこ行ってもサーバーがありますよね。


NAでしてる人なら当然アメリカ人、遊びに来てるアジア人だとかと交流が多少あると思います。

Ping高くて台湾行った、韓国行った、Oce行った、とかまあそんなこんなで結構外国人とつながりが出来たり出来なかったりだと思います。


なんだかんだ言葉の壁はあっても、LOLで国際的につながってるわけです。


まあそうなるといろいろ問題出てきますよね。

よくあるのがNAの人がてめーはメキシコ人か、Feedしてんじゃねえよ死ね。

英語下手なんだよメキシカン死ね。NAサーバーでプレイすんな。


みたいな。

英語下手なのでRate低いときとかはよく言われました。


人種差別ですね。


NAでやってても中国語とか韓国語で話すDuoだとかがいるとたまに激おこになる人とかいます。



正直自分には一切関係ないことですが、プロのチーム何かだと韓国のプレイヤーがEUだとかNAだとかに引き抜かれたり、EUからNAだとか、現在ではNA出身者だけのチームとか、EU出身者だけのチームとかは結構少ないというか、大体出身混合チームが多いですよね。


LOL自体が発展してきているので、国際交流が増えてます。

日本のチームにも韓国人の人が招かれたりしてますしね。

そのうち日本のプレイヤーなんかが海外に1億円のオファーで招待されたわーとかいうニュースがあるかもしれませんね。

そのうち。




というわけでこういう交流があると、全てが上手くいくわけじゃないっていうのが現実です。

例えばLOL界で言えば韓国は比較的最強人種的なノリですが、やっぱり反感はあると思います。


韓国人だけじゃなくて、例えばNAのチームに他の人種が入ってきて、もう純粋なNAじゃねーよ死ねだとかまあそんな感じで。




上記の記事も人種差別に関する記事ですね。



まあ確かに、韓国人といえば色々と悪名高いです。ネットとか見てると。

自分も遭遇したことはありますが、屋外レストランで堂々とマリファナを吸いつつ泥酔して隣のカフェの窓ガラスぶち破ったり喧嘩吹っ掛けたり、まあほかにもマナーが悪かったり。


見てるとうわーこいつはやばいなーって思います。


でもうわーこの人種やばいなーとは思いません



確かにネットでの韓国人像生き写しの人もいると思います。

でもそれはぶっちゃけその個人がやばいだけであって韓国人すべてがやばいわけじゃないですよね。

当然ちゃんと教育を受けてる韓国人の人は言語とか文化はちょっと違うけど基本的に人間としては素晴らしいと思います。



正直中国人もやばい人はとんでもなくやばいです。

かと思えばちゃんと育てられた中国人は教育を受けていない他の人種の人間と比べると格が違います。


日本人も同じですね。

日本人が~。韓国人は~。日本人の方が~。

って。


それは個人次第でしょう。

これは当然アジア人に限ったことではなく、アラブの方から来た人でも、白人黒人でも何でも一緒です。


ってまあ普通に考えるとわかりますけどね。






どこか特定の人種に特別な憎しみを感じる人はまあ、親族まとめてぶっ殺されたとかそんなんじゃないですかね。

まあそこまで行くと人間なので人種差別者になっちゃうかもしれません。


後は、自尊心とかじゃないかな。

井の中の蛙大海を知らず。

誇れるものはたまたま手に入った人種だけで教育がなく誇るものがないよと。



正直大半は何かに納得出来ないっていうのが理由だと思います。

が、その納得できないという理不尽に対する憤りというか気持ちをぶつける相手は本当にそれであってるのかっていう。







LOLの記事なのでBronzeがふざけた考察してんじゃねえとか、Silverが何調子くれてんの?とかならまだ見れます。

でも人種は関係ないですよね。

というか韓国人が日本語使うなって。

もうちょっと人間らしくなってみませんか。


終わり。





現在あるLOLのブログについて。このブログ含め他の方のブログだとか。

まとめ

書く人のEloと更新頻度、そして記事の内容が大事?






こんちは。


昨日は友達てんほうやっててチンロウトウ上がれたので手ががくがく震えました。

のじんごっていう名前でやってるのでもし当たった場合はお前強いなでも弱いな、でも良いのでコメントくれると面白いですね。





というわけで今あるLOLのブログのあれです。


まずはこちらをご覧ください。

http://blog.with2.net/rank3492-0.html  


まあこのブログの左上にあるランキングのアレです。



現在このブログはなんとランキング9位。


上位3位にすら入ってないので、ぶっちゃけこのブログはあれですね。

予選落ちレベルのブログってことになります。



というわけでこのブログランキングの上位10位のなんか色々みたいな感じになります。

と思いましたが長いので半分にしました。

なんかURL勝手に貼るなよとか、勝手にごちゃごちゃ書いてんじゃねえよっていうのがあれば面倒ごとは御免なので消しますのでコメントから。


目安というか、書き方としてはまず

1.ブログの更新頻度

まあこれ大事ですよね。

おもしろいけど全然更新しないんだよなーっていうのは結構足運びがアレになっちゃいます。


2.作者のElo

大事ですよね。

流石にBronze5ですとかSumm lvl 20です!とかだとあんまり見る気にならないです。

参考にならないので。

でも面白ければ良いんですが、読み物として見るか、参考になる記事が欲しいのかで分かれます。

あとはまあ作者が有名だとかそんなんも関係ありますよね。

信者とアンチが暴れるだけで盛り上がるってのはあります。





3.コンテンツ

要するに記事の内容です。

端的に言えばおもしろいかおもしろくないかですが、まあ色々ありますよね。






 
まず1位のブログですが、

lolの最新メタなどを考察するブログ

です。


なんでこのブログが1位かというとまずこのブログでもリンクさせていただいてますありがとうございます。

っていうのは置いといて。


まず作者のRua氏がS4でMaster到達したっていうRateの高さ。

あとは配信とかブログでの知名度。

そしてHigh elo経験からの記事のクオリティーじゃないですかね。



123方式で行くと、

1.更新頻度

昔はかなり更新してましたが、最近は就職されたらしく?おめでとうございます。

なのでなんか忙しそうで配信とか記事更新とかはあんまりって感じになってます。

記事更新されると毎回顔出しに行ってるので、更新が無いと寂しいですね。

もしこの記事読んでたらアンチと信者がめっちゃ対決するような記事で更新してください。


2.作者について

まあこれは上記にあるようにRateは高いですね。

今はDiamond3とかでさび付いてるみたいですが、本気出せばMaster行ける雰囲気がビンビンですね。

というわけで、へったくそなPlatが書く記事より上手いやつが書いた記事読みたいんだよ!!!っていう

上手くなりたい人としては当然の考え的に人気が出るのは至極当然の話ですね。


配信なんかでもTwitch見てると、人が100人以上来たりで、海外のプロの配信とかほどじゃないですが、Twitchでも上の方にあるのでうわ日本語バリバリなのにめっちゃ上の方にあるやん!みたいな感じですごいって感じがしますね。

それだけ上手い人からスキルぱくったろうっていう人が多いんだと思います。

ツイッターのFollowerも2k越えっていうなんか大御所って感じがしますね。


というわけで更新すれば人が来るし配信すれば人が来るしLOLで食ってけんじゃね?って感じもしないではないです。

同じような感じで

えびふりゃぁーのLoL日記

っていうのを書いてる日本のプロの人がいますが、ブログのどこにもランキングのなんかクリックしたら上に上がる


League of Legends ブログランキングへ

↑これはってないので、全然ランキング上位には現れませんね。

ちなみにこれクリックするとこのブログがランキングの上の方にいくっぽいのでてめーは一生9位がお似合いだって人は押さない方が良いですよ。


ニコ生はあんまり上手い人やってないイメージなのであんまり見ませんが、このえびふらいさんがKRのRankedやってるときは結構見てます。

わざわざそれ見るためにニコニコでアカウント作るレベル。


話がそれましたが、まあ知名度、Rateともにとんでもないので記事見る人を集める力が半端ないですね。


ただ知名度とともに現れるのがアンチと信者ですが、こういった熱いファンがいるので結構ブログも炎上もとい盛り上がりますよね。

http://rua0311lolblog.blog.jp/archives/1039501596.html#comments

こんな記事といってはあれですが、それでもコメント死ぬほど付きます。

これだけでどんだけ人が来てるのかわかりますね。




3.記事の内容

まあこれは自分が口出せる領域じゃないです。

なぜならDiaもしくはMasterレベルの人が書いてるので文句つけようものならElo至上主義の人たちに、暗がりの路地に入った瞬間ボコボコにされます。

どうぶつの森で、蜂に刺されたキャラみたいな感じにされちゃいますよね。


なので出来るだけ客観的に行きたいですが、記事の内容自体はレベル高いと思います。

だってRate高いもん。


あとは記事のコンテンツが基本的に自作であるってことですかね。


色々参考にしてるのはありますが、基本的にKRのOp.ggだとかから情報を得て、それを参考にして記事を自分の言葉で書いているのでわかりやすいしレベルが高いので見たいと思えます。

記事も完結で画像も入ってて見やすいです。








というわけで記事の内容の作者の知名度でバンバン魅せていく感じのブログだと勝手に思います。








さて2位ですがこれはなんか記事まったくないので省略します。








3位ですが


 はやめんつ.com さん


です。


Rua氏のブログが金メダルだとすればはやめつ氏のブログは実質銀メダルです。


例の方式で行くと、


1.更新頻度

このブログの売りはこれじゃないかなって勝手に。

更新頻度はどれくらいかというと毎日とかいうレベルじゃない。

じゃあどれくらい?っていうと何か情報が入るたびとしか言えない。

例えば最近Froggen氏がよく配信してます。

LuxとかAniviaとか。

Aniviaはやらないのであれですが、個人的EU最強Midなのでよく見てます。

そして最近ULTだけで対面Mid殺したりで目が飛び出るような画が取れる配信です。

さてそうなるとこのブログの作者さん。

速攻まとめます。


他にも、例えばこのMontageめっちゃ出来いいじゃん!!とか。

Youtube見てるとよくありますよね。

さてじゃあはやめんつ.com見てみるとそのMontage紹介されてる。

早すぎワロタ。

って感じです。

とにかく更新頻度はすごい。



2.作者さんについて

ぶっちゃけあんまり知らないっていうのが正直なお話。

プロフィール勝手に見てOP.GGしたところRateはGold5。

配信とかしてるのかといわれると全然わからない。

っていう。

TwitterのFollowerは500人とまあ予選落ちブログの作者では太刀打ちできないツイッタラー?レベルです。


3.コンテンツ

コンテンツ事態はNerfplzだとかなんだとかの翻訳記事。

公式情報の紹介。

Youtube動画だとか、Redditの上位に来てる話の紹介。

というまあ各港に彼女がいる海兵隊もびっくりな手広さ。

Patct毎の情報だとか、Metaにも強い記事の紹介。


とまあ、Game 4 Broke氏みたいな感じのWebサイトではあるものの、公式だけじゃなくてもっと手広い感じです。


ここからは個人的な感想ですが、自作コンテンツが少ないのであれですね。

LOLあんまりそこまでがっつりやらない人だとか英語ブロンズの人は浅く広く手早く情報をぱぱっと日本語で入手できるので良いですが、もうLOLに人生かけてるようながっつり派の人からすると知ってる事が多いかなっていう感じになるのでライト層向けという印象。


まあバイクで言うと、はやめんつ氏のブログはHondaだけど、このブログはKawasakiみたいな。

決してNinjaとZRXがダサいというわけではない。







というわけで、個人的に残念なのがこんなにLOLに注力してる?っぽいのに自作コンテンツ的なもんがあんまり無いところ。

こんだけ色々やってたらすごい面白い記事が書けるんじゃないかなと思うんですがどうなんでしょう。

あえて自分の意見というか考えを入れないようにしてるのかな?




まとめると、とんでもない手広さでLOLを扱いつつ更新頻度が半端ないってことです。


大学生だから許されるこの怒涛の勢いなのか?とか。

いや大学生馬鹿にしてるとか給料もらったことないやつは一人前じゃないとかそういう意味じゃないですよ。

自分も大学生です。

サイトもなんか出来がすごく本気なので見やすいですよね。






3位

LOLの檻


結構長い間あるブログだと思います。

なんか結構我が道を行く感じのブログなので面白いです。

記事自体も簡潔でどっかのブログみたいに糞長くないので見やすいです。


1.更新頻度

更新頻度は大体2日に1回とか3日に1回とかそんな感じです。

高くも低くもないので、ホイホイ見に行って、更新されてたらラッキーみたいな。

まあおみくじみたいな更新頻度だと言っておきましょう。

おみくじみたいっていうのは別に悪意を込めたわけじゃないです。

なんかこう、更新されてるかどうかわからないけどぼちぼち更新あるし、どうなんだろうなみたいな。

宝探し的なノリです。



2.作者について

まあはやめんつ氏と同様まったく知りません。

このブログと同じく名前晒さない派なので、未知の作者さんということになってます。

ただどっかで現在Plat4ですみたいな記事を見たので、Plat4だと思います。

最近で言うとAD Kennenとか、結構MetaからすればReportもんのChamp推しなのでなんかこう、格好いいですよね。

悪のカリスマっていうわけじゃないですけど主流のMetaに真っ向から歯向かう感じが。


3.コンテンツ

内容は自作コンテンツ的なもんが多いと思います。

短くて簡潔。

カテゴリーでまとめてる各Champの考察がTrollとしか思えないような感じですがおもしろいです。

がっつりMeta考察、とかじゃなくて結構読み物としておもしろい感じの記事が多いんじゃないかなって勝手に思ってます。

もちろん参考になるというか知らなかったわーほほーん

みたいな記事もあります。



結構読んでもらわないとちょっと説明し辛いというか、そんな感じのブログだと思います。

記事も無駄に長くないし、読みやすくて入りやすいですね。







さて、次は4位と行きたいところなんですが、あんまり糞みたいに長いとやばいってことをLOLの檻さんから学んだのでそこらへん生かして、分割したいと思います!!!!!!!


と思いましたがぶっちゃけ分割嫌いなので学ばないスタイルで行きます。




4位


LOLノート | LOL攻略ガイド、チャンピオンビルド、動画解説などのブログ

めっちゃ長いブログ名ですね。

上手い人なので流石だなーほえーみたいな記事もある上に、なんかLow eloの人に教えてる感じの記事もあるので、結構基本的なことも改めて学べます。

Meta的な考察もあるので結構幅広い感じですね。


1.更新頻度

はやめんつ氏ほどじゃないですが高めです。

とりあえず訪れると何か更新されてます。


2.作者

なんとDiamond3。

Masterに行けるかどうかは知りませんが現在はRua氏と同じ。

もうDiamondっていうだけですごい。

だってDiamondって要するにTop1%とかそんなもんじゃね?知らんけど。


それにDiamondってなんか枠が格好いいですよね。

Challengerの枠はなんかキラキラで成金っぽい

MasterはなんかChallengerのなり損ないっていう廃れた雰囲気。

Diamondはなんかわびさびの格好良さ。

なんかこれどっかで書いた気がしますが置いといて。


まあというわけですごいわけです。


そりゃDiamondのブログってだけで見ますよね。

だってすごいじゃないですか。


とりあえずTwitterあったのでフォローしました。

Sorakaのアイコン可愛いですね。




3.内容

コンテンツは最初に書いたような感じで。

なんかこうMeta的にこんなんあって強いよみたいな記事だとか、なんか公式情報とかYoutube紹介したり。

あとは基本的なことをコーチングという形で記事にしてたり。

雑に言えば紹介半分、自作コンテンツ半分っていう感じでしょうか。

コンテンツもサイト自体も丁寧に作られていて見やすいし、なんか途中で読むのやめーたとは全然ならないです。





というわけでなんか全体的にクオリティー高い感じにまとまってます。

文句をつけるならただ一つ。

もっと文字だけの記事が読みたいなってことですかね。笑





5位

つきひのゲーム日記


個人的に好み。

いやホモ的な意味じゃなくて記事が。



1.更新頻度

はやめんつ氏と肩を並べるレベル。

なんかもうつきひ氏のブログとはやめんつ氏のサイトの更新がとにかくやばい。

2大巨頭って感じでやばい。


2.作者

一回勝手に記事引用した時にコメントくれました。

なのでまあ交流ゼロってわけじゃないですが、でもほぼないようなもんですね。

現在RateはGold2みたいです。

というかRankedやってる回数少なくね?

放っとけ。


3.内容

内容は端折っちゃうとはやめんつ氏のブログに自作コンテンツが加わった感じです。

上の方にありますが、Youtubeとか公式情報紹介は個人的に結構間に合ってるので、この自作コンテンツというか、考察とか書いてる感じの記事が多いです。

まあこれが好きなんですけどね。

Rua氏とかのブログもこれが多いのでひいき目に見ちゃいますよね。


とか言いつつ自分はこんなLOLに関係ない記事書いてるんですけどね。


というわけでそういうLOLあんまり関係ないけど面白い記事だとか、LOLの文字だけのくっそ長い考察とかが好きなのでそういうの好きな人にとってはお勧めできますね。

でもそれだけじゃなくて結構ライト層が気に入りそうなこう、はやめんつ氏と若干被るような感じの記事もあるのでバランスタイプですね。


ちなみに糞長くて文字しかない記事が好みの方は当ブログでも満足できると思います。




まとめると当ブログ書いてる人が若干贔屓しちゃうような好みの記事があるってことかな。

Rateが結構近いこともあって共感出来ることが多いからかなーとか思ったり。










番外

このブログ。LOLは深い。


タイトルからして適当な感じがしますね。

実際適当ですよね。



1.更新頻度

更新頻度は基本的に糞。

なんか更新するときはするけど忙しいとなんかもう息も絶え絶え。

とりあえずいつ失踪してもおかしくないといっても過言ではない。

実際一回失踪したけどなんか戻った。


2.作者

自称Plat4までは運で行ける。

実際はBronzeかもしれないしSilverかもしれないしGoldかもしれないし、隠れChallengerの可能性もタイのチームがSKTに勝てる可能性くらいある。

TwitterのFollowerが150人突破しないと有名。

配信始めれば1000人突破は間違いないんですが、いきなり知名度が上がるとスパイを送られちゃうので自粛中。

3.内容

大体自作コンテンツ。

Twitterやってるとはいえほとんど宣伝用というか更新しましたっていうなんかアレ用なんですが、何人か話しかけてくれるんですよね。

その中でもふ●ゃくっていうなんでTwitterのアカウント2つもあるの?っていう人に死ぬほど言われるんですが長いですね。

記事が長い。

しかも文字だけ。

このブログを文学とかいうつもりはないですが本読まないとか活字見ると死ぬとかいう人は、なんでこのブログ存在するんだ?っていうくらい長いし文字しかないです。


まあなんかそんな感じで、画像無くても、簡潔じゃなくても、それでも面白いのか酔狂なのか何かしらで見てくれている方はありがとうございます。







最後に


自慢ですが

http://blog.livedoor.jp/lolclub/archives/1039830007.html


Diaに近い人でも参考になるっていう当ブログをよろしくお願いします。

 
記事検索
  • ライブドアブログ